【本】「普通の人」が「日本株」で年7%のリターンを得るただひとつの方法

投資・マネー

先行き不安の多い日本に投資することにリスクを感じている人にとって、TOPIXで外国の株価の成長と比較するのは無意味さや、本社が日本にあるというだけで投資対象から外すことがいかにナンセンスであることなど、日本株に対する悲観論を払しょくするだけでも読む価値はあります。

続きを読む

【本】時間に支配されない人生

さて、5月に誕生日を迎えてから色々と日頃の行動を見直しています。経済や政治等の外的要因に振り回されることなく、時間、金銭、思考といったあらゆる観点で独立をしていきたいと。今は自己のぶれない軸を持つ必然性を強く感じています。そんな動機の一つとなったのが、ジョン・キム著「時間に支配されない人生」。

続きを読む

【本】お金という人生の呪縛について

自分もサラリーマンだから、お金のために働く、お金のために時間を費やす、それは確かにその通りなんだけど、生きるためのお金であるはずが、お金のために人生の時間を削ることになってしまってはまさに本末転倒だろう。最近、本屋でタイトルに惹かれちょっと気になって読んでみた。

続きを読む

【本】金持ち父さんのお金を自分のために働かせる方法

ブログを移転する前に読んだ本が「金持ち父さん」でおなじみ、ロバート・キヨサキ氏のこちらの新刊。最近、行動を意識するようになったのは少なからずこの本を読んだことが影響しているように思います。

続きを読む

【本】なぜ、それを買わずにはいられないのか ブランド仕掛人の告白

ファッション

身の回りのモノを取捨選択する際に無視できない「ブランド」という存在。この得体の知れないモノの存在は大きく、とても興味深い。そんな存在の片鱗でも垣間見れるのでは思い、この本を読み始めました。

続きを読む

心穏やかな生活

お酒

No Image

これまで知らなかった知識を増やす実用書って結構好きでして。急に視野が広がる感じがなんとも。特に後者の本はイイですね、この本を持って夜な夜なバーに通って一つひとつウイスキーを試してみたくなります。

続きを読む

続・スウェードの靴がない・・・。

ショップを覗いてみたり、パターンオーダーの靴を見たり、実際に試足したり。写真ではカッコいいなぁと思っても、履いてみると自分に似合わなかったり、色が服装に合わなかったり、などなど。足入れをして初めてわかることが沢山あって、決して無駄足になることはありませんね。

続きを読む

BarbourではなくBarberについて

No Image

特に気になったのは銀座ダンヒルのバーバー体験記(床屋じゃなくてバーバーね)。銀座の中でもひときわ近寄りがたいオーラを発するビルだけに興味深く読んでいました。シガーもパブも敷居が高いけど、バーバーならイケるかも?(失礼)

続きを読む

図書館って素晴らしい

ファッション

最近、図書館を頻繁に使っています。いやはや、図書館のサービスは本当に便利になりましたね。今やインターネットで書籍の検索や取り寄せ、予約までできるんですから。本来なら書籍代数千円出すところを無料で読めるとあれば利用しない手はないです。

続きを読む

通勤電車が待ち遠しい

No Image

仕事に恋する変人じゃないですよ。朝は辛いし、帰りはグッタリ、大概イイことはないんですが。通勤電車が唯一読書に専念できる場所・時間なので。「1Q84」を読み始めたくらいから、毎日のささやかな楽しみです。ちなみに先日購入した本はこちら。

続きを読む

< 1 2 3 4