音楽・カルチャー

【CD】Small Circle of Friends/Silence

音楽・カルチャー

2016年の今頃にリリースされたアルバム「Silence」。最近、真夏日が続き、陽炎のようにゆらゆらと漂うようなラップが聴きたい衝動に駆られ、改めて手にしてみた次第。1年遅れで自分の気分が追いついた感じがしています。今の気分には「Superstar」ではちょっと刺激が強過ぎる。「Silence」が今の気分を潤してくれるのにはまさにぴったりでした。

続きを読む

【CD】AT THE DRIVE-IN /In.Ter A.Li.A

音楽・カルチャー

「”AT THE DRIVE-IN”が帰ってきた!」

まさに「帰ってきた」という表現が相応しい。凱旋である。実は彼らはとっくの昔に再結成し、2012年には来日もして自分もこの目でその姿を確認している。しかし、フジロックで見た彼らは、動けなくなった過去のロックバンドで興ざめしたのを覚えている。まるでオールディーズのバンドを見ているかのようだった。

続きを読む

【CD】OWEL/Dear Me

音楽・カルチャー

「Dear Me」と銘打たれたアルバムは、まさにOWELが自分たちの音楽をさらに突き詰め、今後の方向性を指し示した道標ともいうべき作品だ。エモーショナルな彼らの音楽はさらに純度を増し、音に、言葉に、繊細さと力強さが滲む。暴力的にも情緒的にも自在に表現できる彼らが、自分たちの音楽とは何かを突き詰めた形が集約されている。

続きを読む

【CD】FINK/Fink’s Sunday Night Blues Club, Vol. 1

音楽・カルチャー

大衆音楽になじんでしまった人間にとって、ブルースとは大抵つまらないものだ。しかし、中毒性がある。多分に漏れず、フィンクのブルースも・・・いやフィンクだからこそ、なのかもしれない。ヴィンテージ・マイク1本、ヴィンテージ・アンプ1台で録音された、ラフで生々しさを感じる音楽の裏に、これまでの音源に共通して流れるフィンクの根源を見た気がする。

続きを読む

【CD】FINK/Fink Meets The Royal Concertgebouw Orchestra

音楽・カルチャー

肌が粟立つような感動を覚える「Perfect Darkness」とクライマックスへと続く「Sort Of Revolution」、そして一瞬の静寂を挟んで「ワッ」と沸き起こる観衆の歓声と満場のスタンディングオベーション。そこから伝わるライブの臨場感は、その場に立ち会っているかのような気分に浸ることができます。

続きを読む

【CD】HONNE/寒い夜の暖かさ~WARM ON A COLD NIGHT~

音楽・カルチャー

眠りにつく前の1時間はパソコンやテレビを消して、好きな音楽をかけながらストレッチをしたりノートをつけたりするのが最近の習慣。先日、そんな夜のリラックスタイムに相応しい音楽をタワーレコードで見つけ、久しぶりにCDを購入しました。イギリスのエレクトロデュオ、「HONNE」(ホンネ)のファーストアルバムです。

続きを読む

【CD】FINK/Wheels Turn Beneath My Feet

音楽・カルチャー

FINKの世界感が確立されたと言っても過言ではない、名作「Perfect Darkness」のリリース後に行われたライブの様子を収録したアルバム。3ピースというシンプルな構成で行われたライブは、フィンクの爪弾くガットギターとその声だけで思わず泣けてくる自分にとって、どんなに豪華なオケを従えるより贅沢な構成なんです。

続きを読む

「リップヴァンウィンクルの花嫁」の前売りチケット届く

音楽・カルチャー

3月26日より公開の映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」の前売りチケットを購入しました。前売り券を購入するなんて多分これが生まれて初めて。嫁さんや子どもを置いて映画には行けないので、「007 スペクター」も「スター・ウォーズ フォースの覚醒」も、昨年どうしても観たかった「恋人たち」も、結局最後は観に行くことを諦めたのですが・・・。

続きを読む

音楽の力

つぶやき 音楽・カルチャー

1人になりたい時や、何かに追われている時、決まって聴きたくなる音楽がある。FINKの「Yesterday Was Hard On All Of Us」もそんな曲の1つ。どんなに追い込まれ、気分が滅入っていても、気持ちをリセットしてくれる曲。たとえ理不尽なことがあり、何もかも嫌になって、気持ちまで腐ってしまっても、そこから救い出してくれる曲。

続きを読む

クラムボン イオンツアー in イオンレイクタウンmori

音楽・カルチャー

嫁さんが実家で姪の洋服のお下がりを選別に行くというので、一人で留守番をしていた時のこと。結成20周年を記念してクラムボンの特集が組まれた「ユリイカ」を読みながらのんびりくつろいでいたら、裏表紙にイベントの告知が。「クラムボン イオンツアー in イオンレイクタウンmori 3月22日(日)14時から」・・・って今日じゃん!!!

続きを読む

倹約デート(ナイトミュージアム、新政No.6、そして稲庭うどんのこと)

フード・スイーツ 音楽・カルチャー

共働きの頃は良く遊びに行っていたものですが、嫁さんが仕事を辞めてからは、あまり頻繁に出掛けることもなくなりました。最近の我々夫婦のデートと言えば、懸賞に熱心な嫁さんがコツコツ当てる映画のチケットやら取引先からもらう招待券などを最大限に利用する、いわば倹約デートが中心。土曜日は、六本木ヒルズで倹約デートを楽しみました。

続きを読む

【CD】Travis Bretzer/Waxing Romantic

音楽・カルチャー

キラキラとしたディレイと粗いオーバードライブの音に包まれて、優しくもちょっと影を引きずるようなとてもロマンチックな歌声は、まどろみながらずっと聴いていたくなります。内省的でインディーズライクな香りがプンプンして、否応なしに懐かしい思い出がフラッシュバックする感じがとても素敵だなぁと。

続きを読む

【CD】The Smashing Pumpkins/MONUMENTS TO AN ELEGY

音楽・カルチャー

大好きなスマッシングパンプキンズが2015年にリリース予定の「DAY FOR NIGHT」と対を成す今作「MONUMENTS TO AN ELEGY」。国内盤の発売日はまだまだ先だっただけに油断していたら、輸入盤だけ昨年末にとっくにリリースされておりました。そんなことを全く知らずに店頭を訪れ、ビックリして即座に購入しました。

続きを読む

読み続ける漫画が終わりを迎える時

音楽・カルチャー

“週刊ヤングサンデー”で連載を開始し、現在”週刊ビッグコミックスピリッツ”に連載の場を移す河合克敏先生の「とめはねっ!」が次の14巻をもって最終巻となるらしい。週刊少年サンデーで河合先生の「帯をギュッとね!」に出会ってからは、今でも河合先生の漫画だけは欠かさずに読み続けています。

続きを読む

【映画】さらば、愛の言葉よ

音楽・カルチャー

ジャン=リュック・ゴダール監督初の3D映画ということで、これはぜひ映画館で観なければいけないと思い、一人で銀座シネスイッチに足を運びました。自分自身、初めての3D映画観賞です。断片的に流れる音楽、鮮烈な色彩を放つ光景、そして溢れかえる言葉たち・・・しかし最後に心に残ったのは美しい一匹の犬の姿だけでした。

続きを読む

1 2 3 4 >