【CD】The Smashing Pumpkins/MONUMENTS TO AN ELEGY

音楽・カルチャー

もはや馴れ合いもとっくに通り越して・・・。

大好きなThe Smashing Pumpkins(スマッシングパンプキンズ)が新たに2部作のリリースを発表。2015年にリリース予定の「DAY FOR NIGHT」と、その対を成す今作の「MONUMENTS TO AN ELEGY」。

国内盤の発売日はまだまだ当分先だったために油断していたら、輸入盤だけは昨年末にとっくにリリースされておりました。

そんなことを全く知らずに店頭を訪れ、ふと目をやるとそこにはスマパンのポップが・・・!ビックリして即座に購入しました。

 

20150214-14

(The Smashing Pumpkins/MONUMENTS TO AN ELEGY)

昔は自分でも頭がおかしいと思うほど、アルバイト代をすべてCDにつぎ込んでいました。実際、CDショップで働いていましたので、それはもう毎日が幸せでした。店員でもあり、お店にとっては上客でもありました。

当時は音楽に飢えていて、気に入ったバンドやアーティストを見つけては、献身的に買い続け、結果、購入しなければならないCDがどんどんとダルマ式に膨れ上がる始末。

当たり前のことですが、前回のアルバムが良かったからといって次作が必ずしも良い訳ではないですから、結果的にガッカリさせられることも結構ありました。

それでも次に期待するという変な忠誠心みたいなモノがあって、そうなるとそれはもはや音楽にではなく、アーティスト(の可能性)に依存していたのでしょう。

しかしある時、その虚しさにようやく気づき、ささやかなCDだけを残してほとんどのCDを売り払い、負の連鎖を断ち切ったわけですが、それからというもの、どんなに贔屓のアーティストでも必ず視聴するようになりました。

 

20150214-13

 (恐らくスマパン史上最もポップ)

ま、そんな異常な忠誠心や馴れ合いは一切捨て去って、ようやく先入観なく、フラットな状態で音楽に耳を傾けることができるようになった・・・はずなのですが。

唯一スマッシングパンプキンズについては・・・いやビリー・コーガンさんについてだけは、自分の中では信仰が根深く残っており、未だに魔法が解けていないでいます。

しかし、そんな魔法や信仰心を差し引いても、スマパン史上最もポップな作品となった今作は、新たな試みにその可能性を感じさせ、十分評価に値する出来だと思います。

今回、メンバーのマイク・バーンではなくトミー・リー(モトリー・クルー)に全編に渡ってドラムを叩かせているのがちょっと気になるけど・・・。

 

20150214-11

(「DAY FOR NIGHT」にも期待)

何はともあれ、最近のスマパンは精力的で嬉しい限りです。何よりビリーさんが現体制となって自信を取り戻し、過去の固執することなく、嬉しそうにカムバックしていることが本当に嬉しい。

そんな思いを、今作を通じて感じるに至り、とても朗らかな気分で今もスマパンの音楽にに耳を傾けています。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。