J.M.Weston #705 チェルシーブーツのジレンマ

愛着が増すほどに募るもどかしさ

この冬は頻繁に履いたJ.M.Weston(ジェイエムウエストン)#705(チェルシーブーツ)。

今季は雨でも雪でも気にせず履いていたのですが、結果としてチェルシーブーツの良さを再認識することになりました。

(過去の記事)

20140923-01-1

スーツの復権、ブーツの帰還(2014年9月23日)

20150314-13

(雪も弾く革の良さ)

雪の日もこの通り、アッパーが水を弾き、油分をしっかり含んだ極上の革だということを改めて実感しました。

またケアについても、軽くブラッシングをするだけでしっかり光ってくれるので、磨く人を喜ばせてくれます。

20150314-14

(左右の非対称なシワ)

履きシワはだいぶくっきり入ってきました。

足のサイズが違うのでどうしてもシワはなかなか左右対象とはいきませんが、少しずつ自分のモノになっていくのを感じて嬉しくなります。

 

20150314-15

(端正な横顔)

一方で、インソールの固さは履き始めた頃から一向に変わりません。

さすがにもう慣れましたが、平坦で固い印象のインソールは、足裏の形状に合わせて沈み込んでいくような様子も今のところ見られません。

ソールにコルクは入っているのでしょうが、クラシックシリーズは全般的に固めだと聞いたことがあります。

 

20150314-12

(ブラッシングだけでこの艶)

残念なのは、愛着が増すほどに様々なシーンで履きたいのですが、カラーがブラックということもあって、スーツ以外の合わせ方がなかなか思いつかないこと。

お洒落偏差値が低い自分には、チェルシーブーツを活かし切れていない気がずっとしていて、履くたびに嬉しさと悩みの狭間で葛藤。もどかしくて仕方がありません。

春の足音が近づいてくるにつれ、否が応でもチェルシーブーツの出番は少しずつ減ってしまいますので、それまでに何とかスーツ以外の合わせ方を模索していきたいのですが・・・。

僕にとっては難しい春休みの宿題です。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • シロ

    チェルシーブーツ、格好良いですね~いまいちばん憧れている靴です!
    履きシワも革の良さを伝えるのに一役買っていますね。
    色合わせに無頓着な僕が言うのもナンですが、
    黒いチェルシーブーツ、リジットのデニムなら合うんじゃないでしょうか。
    さすがにT-シャツ/ポロシャツには合わないと思いますが、
    リジットデニムに少し明るい色のシャツ、Lardiniのジャケットを羽織って
    足元を黒のチェルシーブーツで締める…格好良いと思いますよ~

    • シロさん、こんばんは!コメントありがとうございます!
      #705はJohn Lobbとはまた違いますが、磨くのが嬉しくなる良い革です。

      そして早速のアドバイス、ありがとうございます!
      しかも私の持ち物を踏まえての的確なアドバイス・・・シロさんには感謝しきりです(涙)。
      やっぱりデニムとは良さそうですね!
      リジッドデニムとジョッパーズデニムがあるので、ぜひどちらも試してみようかと。
      季節もLardiniのイージーが着れる季節になりましたのでタイミングもちょうどよく。
      これでお洒落偏差値が上がるでしょうか!?バッチリ決まったらまたご報告します(^^)