ペペロンチーノ好きがニンマリする、赤唐辛子モチーフのパスタディッシュ

フード・スイーツ 小物・アイテム

食事がより楽しくなるリチャードジノリのパスタ皿(2枚目)

以前、嫁さんと訪れた越谷レイクタウンアウトレットで、夫婦2人して一目惚れしたRichard Ginori(リチャードジノリ)のパスタ皿。

イタリアを代表する食材をプリントした「Food Is Fashion」シリーズの「ボッティリエ」というパスタ皿には、オリーブオイルのボトルがプリントされており、大いに気に入って購入しましたが、アウトレットゆえこの時店頭にあったのはこの1枚のみ。

(過去の記事)

20150111-02

より美味しく、より食事を楽しむために・・・。(2015年1月15日)

その後調べてみると、ジノリの「Food Is Fashion」シリーズには他にも心惹かれる絵柄が多数あり、アウトレットに行くたびにお店に足を運んでは再入荷が無いか、逐一覗いていました。

そして先日、ようやく「Food Is Fashion」シリーズが再入荷。しかもそこにあったのは、シリーズの中で自分が最も心惹かれた絵柄のパスタ皿だったので、思わず興奮してしまいました。

これまで何度か足を運んでいましたが、一向に入荷する気配が無く、同シリーズもシーズン物でしたので半分諦めかけていましたが、念願が叶い、「ボッティリエ」とペアとなる、もう1枚のパスタ皿を確保することができました。

 

20150523-01

(Richard Ginori/パスタディッシュ)

購入したのはジノリの「Food Is Fashion」シリーズから、その名も「ペペロンチーノ」という、赤唐辛子がプリントされたパスタディッシュです。

大のペペロンチーノ好きの自分としては、前回購入した「ボッティリエ」を嫁さんに使ってもらい、私は「ペペロンチーノ」の方を使おうと密かに考えていましたが、その思惑通りに手にすることができたのは幸運でした。

 

20150523-03

(唐辛子がモチーフのパスタ皿)

お皿をグルッと囲うように飾られた赤唐辛子のイラスト。ペペロンチーノ自体、具が多いパスタではなく、飾り気のないシンプルな料理ですが、このお皿に盛り付ければ一気に賑やかな感じになります。

食器が派手だと料理を邪魔するのでは、と思い、極力シンプルなデザインを愛用してきましたが、「ボッティリエ」といい「ペペロンチーノ」といい、食事が楽しくなる絵柄というのも良いモノだなぁと感じています。

 

20150523-04

(対で使いたいパスタディッシュ)

ペアで使えば食卓に統一感も出ますし、見栄えも良く、ちょっとしたレストラン気分も味わえる気がしてきます(あとは腕を振るうだけ・・・)。

ようやくパスタ皿も2枚になり、これでようやく嫁さんとお揃いの食器でパスタが食べられるようになりました。

こうしてお皿を並べて眺めていると、盛り付けから食べ終わりまでワクワクできる食器って素敵だなぁと、これまでの認識が改まる思いがします。そう考えると料理と同じくらい食器て大事だな、と思えてなりません。

そんなわけで今週末はパスタで決まり!パスタは僕の大好きなペペロンチーノか、それとも嫁さんの大好きなトマトクリームパスタか・・・。きっとどちらを乗せてもいつも以上に美味しいはずですね。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • シロ

    gohkitiさん、こんばんは!
    カワイイお皿ですね~!!昔は食器にあまり興味がなかったのですが、
    NYCで素敵な食器を沢山見るうちに好きになり、今では相方と一緒に
    「これいいね~!」なんて言ってます(笑)
    とうがらしはイタリアではラッキーモチーフでもありますから、
    食卓に彩りを加えるのと同時に、gohkitiさんの家庭に幸福をもたらして
    くれるはずです!

  • シロさん、こんにちは~!いつもありがとうございます。
    ニューヨークで様々なレストランを楽しまれていましたので、より食器の魅力を肌で
    感じられたのではないでしょうか。夫婦で食器選び、素敵ですねぇ!

    我々夫婦もあまり贅沢はできませんが、時々ちょっとかしこまったレストランに足を運ぶと、
    料理と共に食器が気になって、お皿を裏返してメーカーを確認したい衝動に駆られ、
    いつも葛藤します(苦笑)。嫁さんはすっかり洋服から食器に関心が移っているようです。

    子どもが生まれたから当分外食はできないので、少しでも食卓に彩りを添えられれば、と
    購入しましたが、絵柄も見ていて飽きません。やはり購入して正解でした。
    イタリアでは唐辛子はラッキーアイテムなんですか!なんだか益々愛着が湧きます。
    食卓での会話が弾めば家庭も円満、そんな一助になってくれそうなお皿です(^^)

    イタリアは唐辛子の種類が本当にたくさんありますし、使い方も多様で、日本以上に身近な
    食材なのでしょうね。
    軽井沢で食べたイタリアのバスク唐辛子を使ったパスタは今でも忘れられない味です。