レザーシューズのつま先の補修、スチールの後はラバーを!

Edward Green(エドワードグリーン)Chelsea(チェルシー)のつま先補修

昔は頻繁に通っていた靴の修理も、新しい靴を購入しなくなったせいか、めっきり足を運ぶ機会が無くなってしまいました。

暇さえあれば手入れをしたがる自分にとって、以前なら手持無沙汰だったのでしょうが・・・。

子どもが生まれてからは節約志向が強くなったようで、なるべく修理しないで済むように、ローテーションで調整をしながら、お金がかからないよう、かからないようリペアを避けていました。

そうこうしているうちに数足がファーム入りしてしまい、このままではローテーションが回らなくなる気がして、慌てて順番にリペアに出すことに。

最初は、最も思い入れのあるEdward Green(エドワードグリーン)Chelseaのリペアに出すため、久しぶりに銀座三越に行ってきました。

 

20160724-01

(ヴィンテージスチールの交換)

配置換えされてすっかりきれいになった銀座三越。リペアコーナーの目の前には靴を磨いてくれるコーナーも併設され、美人の女性が2名待機。思わず誘われるがまま、お願いしてしまいそうになりました。

今回リペアのチェルシーはつま先の交換を依頼。ヴィンテージスチールが削れて革に掛かっています。

 

20160724-02

(ギリギリのところで革継ぎなし)

削れたつま先のヴィンテージスチール。削れてすでに軽く革に掛かっていたので革継ぎが必要になる前に交換です。

 

20160724-03

(スチールの次はラバーで補強)

本来、スチールの後はまたスチールといきたいところですが(カッコイイですし)、ここはあえてラバーを選択。

履き始めはソールに返りが付いていないので、つま先も削れやすく、ヴィンテージスチールやトライアンフスチールをつける意味もあるのですが、長年履き続けて、すでに返り癖の付いた靴については、スチールを履かせると逆に癖がつき過ぎてしまいかねません。

つま先の上がった靴は決して格好の良いものではありませんので、充分に癖の付いた靴についてはゴムに交換した方が賢明です。

なお、今後はソールに穴が空いた時点でハーフラバーで延命。更にハーフラバーに穴が空いたらオールソールという手順となりますが、さすがはグリーン、ソールはしっかりしているのでまだまだ先になりそう。

 

20160724-05

(思い入れの深いチェルシーの復帰)

さぁようやく一軍復帰のチェルシー。早速頑張ってもらいましょうか。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • Jimmy Cooper

    gohkitiさんご無沙汰です。

    いい具合に味のあるチェルシーですね〜。
    私はイギリスのEU離脱に伴う円高で靴の個人輸入を虎視眈々と狙っていたのですが、思ったよりも影響が弱く見送ることになりました涙。

    オールデン9901の購入も検討中なのですが、フィッティングやらコードバンの手入れやらといった詰まる所正解がないことに対して調べすぎるせいでなかなか手が出ません……。

    gohkitiさんは990は踵で履いてますか??踵は無視して甲で縛って履く人もいるようですが、サイジングについてどのように選ばれたか教えていただければ助かります。

    • Jimmy Cooperさん、こんばんは!お久しぶりです(^^)
      チェルシーは傷だらけですが、だんたんといい味になってきました。
      履くほどに味の出る靴は手入れのし甲斐もあり、何とも嬉しいものです。

      さて、990ですが、私の場合ヒールカップは大きいのでかかとでは履いていませんね。
      正直チェルシーでもかかとは幾分大きいので、かかとで履いている、と言える靴は
      ほとんどないかもしれません。レディメイド靴の場合は半分諦めも入っています。
      (G&Gなんかはかかともピッタリなんですが)

      どちらかと言うと私も甲で履いていますね。レースで絞り上げて履くと、ある一点に痛みが
      出る靴もありますが、990は甲の高さも幅もちょうどいいらしく、くるぶしなどの側面や甲、
      そしてかかとなど、足入れ部分で包むようにホールドされるので、気持ちの良い
      フィッティング感覚が得られます。
      このホールド感が万人に愛されるラストである由縁かもしれません。
      ダブルソールなのに返りがいいのも手伝って、すぐに馴染みました。
      持っている靴の中でもホールド感は5本の指に入る心地良さです。
      と、所感を並べて書きましたが、少しでも参考になれば良いのですが・・・。

      私もイギリスからの輸入を検討していましたが、私も機会を逸しました。
      JLのハンドメイドベルトが半額だったんですよね、惜しいことをしました。
      思いきりが大切ですね、今回は縁が無かったんだと自分に言い聞かせています。

      また追加のご質問やご不明な点は何なりとお尋ねくださいませ!

      • Jimmy Cooper

        こんばんは。

        踵で合わせないんですね、なんか意外でした。
        私の中には「靴は踵で履くものだ」という観念があったのですが、どちらかというとエッグトゥの靴が好きなためか足の小指が痛いんですよね。
        一度踵で履くという固定観念というか脅迫観念をリセットした方が良いのかもと思いました。

        お言葉に甘えて一点質問させてくださいませ。
        オールデン990はジャストで履いているという記事を見た気がするのですが、990はソールが結構落ち込むという話もあります。

        gohkitiさんはワンサイズ小さめを選べばよかったと思うことはありませんか?
        購入時のジャストで何ら問題ないでしょうか??

        • そうですね、私もかかとを「トントン」してから履きますが、元々かかとが小さいので、合うヒールカップの靴に巡り合うことは滅多になく、そのため靴をかかとで履いているという感じはなく、足入れ部分の大きさや足首回りの全体的なホールド感でフィッティングを判断しているかもしれません。
          特にオールデンの場合はヒールが大きめですから、合わせて買おうとするとかなり小さいサイズを選ばないといけなくなるかもしれませんし、それでは英国靴にはないオールデンの心地良いフィッティングは得られないと思います。
          かかとのホールド感を意識して靴の納まりが良いようにかかとを意識していくと、自然とサイズを下げていくことになり、最終的に小指に当たる、という問題もあるのかもしれませんね。
          この靴(#93911)はサンフランシスコから取り寄せましたが、当時から足をピッタリと包み込むような感覚でジャストフィットでしたが、現在でもその印象は変わりません。
          内底が沈み込んでもアッパーやソールも馴染んでくるので、フィッティングが良くなることはあっても大きく感じるようになることは無いかと思います。
          沈み込みなどはあまり気にせず、ジャストフィットで決断されて良いかと思いますよ(^^)