【BUY】Nike(ナイキ)/LUNAREPIC FLYKNIT(ルナエピックフライニット)

ランニング

ランニングシューズを履き分ける

走る距離が伸びるにつれて気掛かりだったランニングシューズのこと。

元々はひざの怪我に始まったランニングシューズ探しも、自分の走り方を分析し、フォアフット走法(前足着地)という走り方があることを知り、かかと着地が絶対ではないことを知ったことからすべてが始まりました。

フォアフットまたはミッドフット走法に適したシューズはどれか、探す中でNike(ナイキ)のAIR ZOOM ELITE(ズームエリート)に辿り着き、それからは順調に距離を伸ばし、ハードルであった10kmを超え、20kmまで距離を伸ばすことができました。

しかし、1つの基準だった20kmを達成したことをきっかけに、今後さらに距離を伸ばしていくためにはズームエリートだけでは不安を覚え、それが日に日に強くなっていきました。

以前のようにただ毎日、近所を走り回っているだけで楽しかった時期から、少しずつ距離やタイムを気にするようになった今、トレーニング内容や走行距離に応じてシューズを「使い分ける」ことは、効率的に目標達成するためにも必要なのだろうと思うのです。

エアズームシステムを搭載したズームエリートは、ソールが硬く反発力のある、スピードランに向いているシューズ。スピードは出ますが、長距離にはやはり足への負担が大きい。

現に先日、久しぶりにヒザを痛めたのも、走行距離が伸びたことが原因でしょう。

そんなわけで、より長く走るためのLSD練習用に、クッション性の高いシューズを探すこととなりました。

当初の候補としては、着地の柔らかいLUNARLON(ルナロン)搭載のルナグライドかルナテンポでしたが、立ち寄った三井アウトレットパーク木更津のナイキショップで店員さんと相談するうちにこちらのシューズを勧められました。

 

20160913-12

(Nike/LUNAREPIC FLYKNIT)

ルナエピック フライニットです。最初は靴下のようなその形状に、見た目だけで「これは無しだよな」と決めつけていたシューズです。

しかし、履いてみると足首からかかと、足の甲までを柔らかく包み込むようにホールドする、これまで体験したことのない感覚で、あまりの履き心地良さに驚かされました。

また、重さも超軽量。そこはフライニットやソールのおかげだと思いますが、ただでさえフィット感が高いため、履くとなおさら軽く感じ、シューズの重さを全く感じさせません。

 

20160913-15

(ソールが潰れて体重を素早く分散)

ルナグライド8でも採用されている新型のソールが、このルナエピックにも採用されています。

着地と同時にソールが潰れ、衝撃をソール全体へと分散し、体重を素早く地面へと逃がしてくれる感覚が足元から伝わってきて、足への負担も軽減してくれているのが良くわかります。

20km走った際にも、疲労の蓄積が18km過ぎから一気に出て、急に足を動かなくしたことを考えると、シューズを変えることで積み重なる疲労の蓄積を減らせれば、もっと距離が伸びると思われます。

 

20160913-13

(タイトな作りのためハーフサイズ上を)

実は商品を出された時にも靴下や地下足袋みたいで「これはない」と思っていたのですが、実際勧めてくれた店員さんがランニングタイツと併せて履いていて、これがすごく似合っていたんですよね。

逆に、エピックには足首までないLowタイプもあるのですが、このフィッティングを知ってしまったらLowをわざわざ選ぶことはないのではないでしょうか。

 

20160913-14

(厚さの違うインソールが2枚付いてくる)

先日久しぶりにひざを痛めて回復を待つ間、以前読んだ小出監督の著書「マラソンは毎日走っても感想できない」(角川SSC新書)を改めて読んでいますが、当初よりも学ぶことが多いことに気付かされます。

当時よりも少しはステップアップしているのでしょう。

ただ距離を走ればいいという段階から、タイムや距離を意識するようになった今、負荷の掛け方とトレーニング方法について考える段階に入ったと考えています。

(過去の記事)

20130216-01

走る読書(2013年2月17日)

しっかり負荷を掛け、筋力をつける練習についてはズームエリート、持久力をつけるLSD練習はルナエピックと、トレーニング内容に合わせてシューズも変える。

初心者に毛の生えた程度のファンランナーが、道具にこだわり過ぎるのもいかがなものかとは思いますが、道具の使い分けで効率良く、そして何よりも怪我をせずに走れるならば、使い分けることで得られるメリットはとても大きいと感じます。

新たに加わったこのシューズと共に、この先の30km、そしてフルマラソンも完走できる足作りをしていきたいと思います。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • ムラカミタイチ

    初めまして。こんにちは。私、20代男ですが足のサイズが非常に小さく23.5cmしかありません。当然、普段の靴はレディースですし、革靴は23.5cmです。それでも、ラストによっては大きくて履けない物もあると、思います。多分、かかとも小さいんだと思います。紳士靴で23.5cmからサイズ展開をしているブランドを教えて頂けないでしょうか?また、それより小さいサイズでも構いません。
    田舎に住んでいるので、これまたつらいです。
    ちなみに、貴方様の足のサイズを差し支えなければお聞きしても宜しいですか?

    • ムラカミタイチさん、初めまして。コメントをいただきありがとうございます!
      ムラカミさんもサイズ難民ですか、お互い苦労しますね。。
      私のサイズは裸足で計測しますと、左24.0cm、右23.5cmです。
      レザーシューズならば24.0~24.5cm(UKサイズ表記5~5.5、USサイズ表記5.5~6.0)、
      スニーカーやブーツならソックスの関係上25.0cmと言ったところが選択肢になります。
      JohnLobbならUK5でDウィズが一番小さく、EdwardGreenもUK5からあると思いますが、
      JL5≒EG5.5という印象なので、EG5はかなり小さく合うのではないかと思います。
      あと、タイトウィットであればJ.M.Westonなども足が小さく緩いフィッティングに悩む人には
      向いているかもしれませんが、モデルによって最小サイズのスタート展開がバラバラなので、
      履いてみないと合う合わないが判断できないのが難しいところです。
      既成靴もブランドごとに印象も異なりますので、ムラカミさんの好みや希望する価格帯も
      ありますから一概にご紹介するのも難しいのですが、我々のような足の小さい人に
      とっては、選択肢が3つあると思っています。
      1.レディメイドの最小サイズを探す(在庫が少ないので探すのに苦労する)
      2.レディメイドの靴をサイズ調整する(ユニオンワークスでインソールを積む)
      3.オーダーする(パターンオーダーなら比較的安くあがる)
      1と2についてはご相談に乗れるかと思いますし、過去にも記事を書いていたりしますが、
      3に関してはパターンオーダーはありますが、フルオーダーは経験がありません。
      今までの経験から1と2で色々やってきましたが、極限すると3ができればこんなに思い
      悩むことも無かったのだろうなぁと思わずにはいられません。
      パターンオーダーは、身近なところではリーガルでもやってますし、KOKONさんなども
      有名ですね。
      一番安上がりなのは2です。インソールをはがしてその下に革を積む方法でサイズを
      小さくします。ちょっと緩いと感じる靴でもフィッティングを改善してくれますので、靴自体の
      サイズ選びの幅は多少広がります。
      ざっと書きましたが、デザインや価格帯で選択の幅も広いので、詳しいご希望を伺えれば
      お答えできこともあるかもしれません。なんだか要領の得ない返信でスミマセン・・・。

      • (ムラカミタイチさんより)
        ご丁寧に有り難うございます。
        お恥ずかしいながら、数ヶ月前の自分はかなりうつになってました。絶対、彼女なんて出来ないと。けど、悩んでも足のサイズはもう変えれないので前向きに生きます。
        ジョンロブのチャペル、エドワード・グリーンのチェルシー、クロケットジョーンズのオードリー、キャベンディッシュ、ウエストンのゴルフ、オールデンのコートバン。どれか一足はいずれ手にしたいなぁと、考えてました。ただ、どのブランドもお高いですよね。
        やっぱり、せめて24.0ほしいかったです
        ちなみにチャーチのシャノン、パラブーツは大きめですか?

  • ムラカミさん、返信ありがとうございます(^^)
    チャペルもチェルシーも本当にイイ靴ですよ。足の小さい自分でも合いましたのでムラカミさんにも許容範囲だと思います。
    オードリーは恐らく最小サイズでも大きいかと。英国靴のタイトフィットと反対に気持ちの良いホールド感ならオールデンはいいかもしれません。
    高価ですが、その分思い入れも湧きますし、長く愛用できることを考えれば数は少なくてもイイ靴を購入されることをオススメします。
    きっと今まで感じたことのない昂揚感とこれまでとは違った視界が広がると思います。
    ちょうどもう1つオススメしようと思ったのはチャーチ。サイズ5で合うと思います。シャノンは足首辺りでホールドする感じですが、#173のディプロマットなどはいいかもしれません(かかとは少し大きめですが)
    円高なので個人輸入の選択肢もありますね。実際にサイズを確認せずに購入するのはあまりお勧めできませんが、価格面の問題はかなりクリアできるかと。
    (チャーチ)http://www.herringshoes.co.uk/
    (JL、G&G)http://www.bespoke-england.co.uk/
    パラブーツは所有していませんのでわかりませんが、合うサイズが無かったように記憶しています。

    • ムラカミタイチ

      本当、ご丁寧に有り難うございます。最後にお聞きしますが、オールデンは最小サイズが5になるのでしょうか?

      • ムラカミさん、
        モデルにもよるかと思いますが、通常は6Dからの展開が多い様です。
        定番のモデルは5.5から展開しているものもありますが、5はあまり聞きませんね。
        ただ、日本で取り扱うお店は日本人の足を考慮して5.5から揃えておるところも多いです。
        http://www.natoriya.jp/
        ただ、5.5と言っても英国より表記がハーフサイズ大きい印象ですので、米国5.5≒英国5、米国6≒英国5.5という履き心地かと思います。
        また、本国では細いウィズを扱っているお店もあります。ウィズBやCなんてものもありますね。恐らく日本のお店では入ってこないサイズ展開かと。
        ウィズを細くすればその分長さはハーフサイズ上でも問題ないかもしれません(5.5D≒6C)。
        http://www.aldenshop.com/
        参考になれば幸いです。

        • ムラカミタイチ

          タグまで付けて頂き有り難うございます。新潟までなら比較的に山形からは行きやすいので、今度伺ってみます。

          なるほど、オールデンは米国サイズですめんね。5.5D助かります 笑

          本当に長々と有り難うございました。また、コメントしましたら、宜しくお願いします

          足が小さくても前向きに生きます!