グアムの地で・・・。

レジャー 子ども・育児

グアムから帰国してから、また今までのようなバタバタとした毎日を過ごしています。

休みボケから否応なしに現実へと引き戻されつつある中、何か書いておかないと自分の中で夏休みが終われない気がして、撮り溜めた写真を振り返りながら、今パソコンに向かっています。

 

渡航1週間前、ハルに原因不明の発熱と発疹が出て、出発直前まで中止にするかを迷い、その後も色々あった子ども帯同の初めての海外旅行。

しかし、帰国した今は「行けて本当に良かった」と、心からそう思います。

 

20161013-06

(昼間も良いけれど夕方の風景が好き)

グアムにはハワイほどの観光スポットもありませんし、ショッピングだってそこまでお得感はありません。

また、幼い子どもと一緒なので「To Go(テイクアウト)」ばかりで特別美味しいモノを堪能できたわけでもなく、せっかく遠出をしたのにスコールに遭うわ、海では凶暴な魚(ムラサメモンガラ)に噛みつかれるわで、結構ひどい目にも遭いました。

 

20161013-03

(タモンビーチの白い砂浜)

しかし、とにかくビーチはきれいだし(ワイキキビーチの比ではない)、ゆったりと時間が流れ、幼い子どもに特に寛容なグアムの地は、我々にとってまさに楽園でした。

 

20161013-04

(イパオビーチにて)

ハルは現地で多くの人(現地の人たちや観光できている中国や韓国の人たちとも)や初めて見る様々なモノに出会い、自分の目でジッと観察し、直接触れ、自ら世界を広げ、どんどんと吸収していきました。

大笑いして、大泣きして、ぐっすり眠って、たくさん食べて・・・。

たったの5日間でしたが、「昨日できなかったことが今日はできている」なんてことがこんなにあるものか、とビックリするくらい、子どもが日に日にたくましく成長する姿を目の当たりにし、驚きの連続でした。

 

20161013-02

(飽きることなく一人で泳ぐハル)

朝起きて海で泳ぎ、疲れたら昼寝をして、夕方になったらまた海へ・・・。

その繰り返しの毎日でしたが、今目の前にあるこの時間が、いつかは当たり前ではなくなることを考えると、家族と一緒にいる時間がこの上なく尊い時間に感じられ、じんわりと胸を締め付けるのでした。

 

20161013-08

(最終日には虹が出た)

今やグアムは、我々家族にとってかけがえのない思い出の場所となりました。

来年も、そしてその先も、家族3人一緒に行き続けられる限りは、また家族揃って訪れたいと心から願っています。

 

・・・何だかまとまりがなく、終わり方が中途半端になってしまいました。

そのうち時間を作って改めて旅行記をまとめたいと思っていますので、今回はこの辺で・・・。

 

20161013-01-1

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • オボイスト

    gohkitiさんこんばんは! お忙しい中、素晴らしいエントリーの更新ありがとうございます!

    空と海と、本当に美しい・・・グアムは行ったことありませんが、ハワイに流れる甘い風を思い出してしまいました。
    旅中は大切な息子様の成長も感じられるpreciousな旅になったようで、「家族っていいなー」なんて・・・子ども欲しいなぁ・・・。
    ムラサメモンガラ、どんな魚か知らず頭の中でピラニアのような絵を思い浮かべておりましたが、調べてみれば色の綺麗なフグのような外見なのですね(^^; 重大なお怪我は無さそうで、何よりです。

    長期休暇明けはきっと仕事も大変お忙しいかと思いますが、近頃急に寒くなって参りましたのでお身体にはお気をつけてお過ごしください。

    • オボイストさん、こんばんは!
      こちらこそ最近のエントリーにROMばかりで申し訳ありません。
      オボイストさんには渡航前から子供の体調を気にしていただいたり、
      色々とご心配をおかけしました。
      何だか親馬鹿なエントリーでお恥ずかしいですが、おかげでたくさんの思い出を
      作って帰ってくることができました。
      グアム、最高でした。「ハワイの妥協案」なんて思っていた自分が本当に恥ずかしい・・・。
      ムラサメモンガラには結局2度も熱烈なキスをされまして弱りましたが、子どもが
      噛まれなかっただけよかったかなぁと。

      子どもが生まれてから価値観も大きく変わったので、毎日大変ですが新鮮で、
      グアムにいる間は本当に幸せでした。
      オボイストさんも子どもができたら、超がつくほど子煩悩になりそうですよね。
      ただ、子どもが生まれるとそこから「カチリ」とタイマーが回り始めますので、
      まだまだ夫婦二人の時間を楽しまれてからでも良いかと思いますよ(^^)

      「また来年も海外旅行に」なんて夫婦で話しているところで、仕事に子育てに
      頑張らなければ、とネジを巻き直しているところです。
      オボイストさんもいよいよ挙式準備が大詰めですが、体調だけは崩されませんよう
      ご自愛くださいね♪

  • yukipan

    gohkitiさん、こんばんは。
    良い夏休みになった様で本当に良かったですね^^
    出発前に息子さんが熱を出したとの事だったので気にしていましたが
    特に大事に至らずなによりです。(おそらく突発性湿疹でしょうか?息子もやりました)
    同じ位の子供を持つ親として一体どの様にして飛行機で過ごしていたのかも
    とーっても気になります!w
    ウチの子は残念ながら父親に似てしまい全く落ち着きが無いので
    gohkitiさんのお子さんとは比べても参考にならないかもしれませんが・・・。
    しかし、子供の成長スピードの速さは本当に驚くしかありませんね。
    昨日話せなかった事、昨日出来なかった事が今日は出来るなんて事の繰り返し。
    大変な毎日なのは当然ですが、今までに無かった感情が生まれてくる気持ちは
    とても良くわかります。
    これからもきっと大変な日々が続くと思いますが、お互いに頑張りましょうね!

    • yukipanさん、こんばんは!いつもコメントありがとうございます(^^)
      やっぱり突発性湿疹ですかね、これまで熱も出たことが無かったので、嫁さんが旅行に
      相当弱気になってしまいましたが、何とか行ってくることができました。

      真っすぐ向き合わないと親の気を引こうとして余計に暴れ回ったりするので
      毎日ヘトヘトですが、できることが増える瞬間に立ち会える幸せは何物にも替え難い
      ものがありますよね。

      我が家も自分に似て、ジッとしていられない性格なので、目新しいおもちゃやシール絵本を
      忍ばせて搭乗したのですが、有難いことに行きの飛行機は2時間、帰りの飛行機は
      3時間半ずっと寝ていてくれました。
      フライトがお昼寝の時間に近いこともあり、また1歳4ヶ月ですがまだおっぱいを飲むので、
      搭乗前に散々遊ばせて飛行機が動き出し滑走するタイミングで母乳を飲ませていました。
      気圧の関係もあり飲んでいる方が楽なのでしょう、ずっと飲んでいてそのうち寝落ちする、
      という具合です。
      ただ、母乳も1歳半くらいまで、と決めているようなので、次に行く時にはこの手は
      使えそうになりませんから、また悩まされるでしょうね(苦笑)

      季節の変わり目で体調を崩しやすいですが、yukipanさんもご自愛くださいませ!