【投資】国内債券:第35回個人向けマネックス債 夏祭りを購入

投資・マネー

マネックス証券の企画に乗っかってみました

先日、気温参照型オプション付き債券「第35回個人向けマネックス債 夏祭り」(以下「マネックス債 夏祭り」)が発売されることを受けて、購入すべきか悩んでいることはすでに書きましたが、最終的には購入してみることにしました。

第35回 個人向けマネックス債 夏祭り、ネタとしては面白いが、さて・・・。
真夏日で年利率が変化するネタ向け社債先日、マネックス証券からダイレクトメールが届きました。内容は待ちわびた次回のマネックス債の...

2017年8月25日~31日(7日間)の東京の真夏日日数(摂氏30度以上を記録した日)に応じて、年利率が「0.10% + 0.10% × (真夏日の日数)」と変動する企画性のある社債でして、ネタとしては面白いなぁと思っていました。

ただ、現在積み立てている投資信託の「ノーロード明治安田社債アクティブ」は、6月現在で最終利回りは0.68%。信託報酬0.243%を差し引いても十分満足できる水準です。

また、格付けも「マネックス債 夏祭り」が「BBB」なのに対し、「ノーロード明治安田社債アクティブ」はそのほとんどが「A」以上で構成されています(マネックス債と同じ格付け「BBB」の割合は17.82%)。

そんなわけで、年利率の面からも格付けの面からも、わざわざ冒険する必要は正直ないのですが、今年もサマージャンボ宝くじは買いませんし、少額であれば宝くじを買ったつもりで企画に乗ってみても面白いかと思い、購入した次第です。

過去30年の夏日の平均日数は3.9日間

(気温参照型クーポン付円建社債)

「マネックス債 夏祭り」を買ったからと言って、夏日になって欲しいとは全く思えませんが、もし夏日になったら「ま、年利率も少し上がるし・・・」と気休め程度にはなるかもしれません。

ちなみに、「マネックス債 夏祭り」の目論見書によると、過去30年間の同期間中の夏日の平均日数は3.9日だそうです。

仮に夏日が3日だったら0.40%、4日ですと0.50%になり、個人向け国債の10倍の年利率になります(捕らぬ狸の皮算用・・・ですが)。

今後のマネックス証券の活用方法

(国内債券をテコ入れ)

今回は日米共に株価が依然堅調なため、こんな時こそ債券のテコ入れが必要と、リバランスが主な目的でしたが、実はマネックス証券の応援も兼ねています。

マネックス証券に保管中の米国株式は、近くその大半をSBI証券へ移管予定ですし、今後の口座の活用方法は、SBI証券で取り扱いのない米国株式銘柄の管理と、マネックス債の購入くらい。

このままではちょっと寂しいですから、マネックス債は発売されるたびに定期的に購入していく予定です。

そんなわけで、8月はいつもよりも天候に関心を持って過ごしていきたいと思います。

ちなみに今回は企画性がウケたのか、発売日当日にはすでに完売となっていました。買えてホッと一安心。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。