【BUY】New Balance(ニューバランス)/ベビースニーカー FS313(2足目)

子ども・育児

トータルバランスに優れた子ども靴

幼稚園入園を機に1足購入したのも束の間、想像以上にソールの減りが早く、3ヶ月もせずに買い増しです。Nike(ナイキ)のスターランナー、デザインは好きだったんですけどね。

 

(3ヶ月持たなかったスターランナー)

購入時から気にはなっていたソールの溝はすっかり削れてしまったことに加え、ベルトが細いため、面ファスナー(マジックテープ・ベルクロのこと)に汚れなどが入ってか接着力も段々弱くなってきてしまい、子供が「すぐ外れる」と気にし始めたのが一番の理由。

オシャレスニーカーではあったけど、遊び回るにはやはりNew Balance(ニューバランス)のINFANT(インファントベビー)FS313に分があると判断しました。今のところトータルバランスで一番優れていると感じる1足。これでFS313は2足目です。

ちなみに1足目のFS313とFS996の比較記事はこちら。

【BUY】New Balance(ニューバランス)/INFANT(インファントベビー)FS313
子どもの靴と絵本選びはパパの役割現在、2足をローテーションしている子どもの靴ですが、ナイキのダイナモはもう窮屈でそろそろ限界、...

 

(子ども靴でも堅牢なアウトソール)

子ども靴でもしっかりとした大人顔負けのアウトソールは、ソールが減りにくく、滑りにくいのが特徴。スターランナーと比べると、やはりFS313の安心感は絶大。

それでいて、特別ソールに硬さがあるわけでもなく、子どもも違和感なく走り回れているのは、やはりニューバランスの企業努力の賜物でしょう。

 

(安心の大判面ファスナー)

今回、子ども靴における面ファスナー(マジックテープ・ベルクロ)の重要性については改めて実感しました。お洒落を我慢してもベルトは太く、しっかりホールドする大判がいい。

各社のスニーカーを比較検討する中でベルトが2本のモノもありますが、子どもが自分で履くことを考えたら、やはりニューバランスが最も扱いやすく、かつ安心できます。

 

(靴の中で滑らないインソール)

子どもの成長を見越して、多少大きいサイズを与えても、靴の中で滑らないよう波形状のインソールが効いているのも高ポイント。

 

(光反射のシールド加工)

ベルトの「N」マークと、ヒールには暗がりでも光を反射するシールド加工が施されています。

 

(どんどん大きくなる足のサイズ)

正直、今シーズン(春夏モデル)の色については、個人的にはイマイチなカラーばかりでしたが、その中でも夏向きな色を、ということでグリーンを選びました。

今のところ幼稚園でもかぶっていない子はいないようですし、子どもも嫌がらずに履いてくれているので良かったかな。

 

足はますます大きくなっており、靴のサイズは早くも16.5cmまで来ました。17cmからはベビーモデルからキッズモデルになるため選択肢は増えますが、値段も上がりますので嬉しさ半分、ため息半分といったところ。

子供の成長は嬉しいけれど、もう少しゆっくりでもいいからねって。「うんっ、わかった!」って元気に返事を返してくれるけど、・・・まぁわかってないですよね(苦笑)

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。