【BUY】MACKINTOSH(マッキントッシュ)/GM-002B(ステンカラーコート)

ファッション

マッキントッシュに3度惚れる

先日、御殿場プレミアム・アウトレットでの戦利品について、ようやく写真も撮影できましたのでご紹介したいと思います。

眠っていた物欲を呼び覚ます出会い6月の繁忙期が過ぎてホッとしたのもつかの間。7月のグアム旅行から帰ってきてからというもの、常に...

(マッキントッシュでお買い物)

今回、アウトレットで買い物をした場所は、僕の大好きなMackintosh(マッキントッシュ)。

そこで購入したのは、以前から欲しかったステンカラーコート。コート等の重衣類は大抵揃っているのに、スプリングコートのような軽く羽織れる上着は持っていなくて。

季節の変わり目が訪れるたびに毎回気になるものの、次に思い出した頃にはすでに季節が過ぎ去ってしまい、そのたびに買いそびれたことを後悔していたのですが、今回嫁さんに「何か見たいモノはないか」と聞かれて、真っ先に浮かんだのがステンカラーコートでした。

 

(2016年から白タグに戻った)

マッキントッシュのステンカラーコートでは、毎年Loro Piana(ロロ・ピアーナ)のストームシステム®を採用し、定番化していますが、このストームシステム生地にもコットンとウールの2種類があります。

(余談ですが、製品タグにストームシステムの表記が付いているのは冬物だけで、見せてもらったモノはどちらもタグは付いていませんでした。しかし、水をかけるとどちらもしっかり弾くそう)

実際にコットンとサマーウールのモノを比べてみると、サマーウールの方が軽く、発色も良い。店員さんによると、耐久性もコットンよりウールの方が上だとか。

 

ただ、見せてもらったサマーウールのモノは、2015年のDUNKELD SHORT(ダンケルドショート)でしたが、シルエットはAライン。実はすでに持っている2着も共にAラインで、少しドレス寄りな印象を受けます。

(モデル名のDUNKELDは、2016年から三陽商会がMackintosh Londonをスタートさせたことにより、現在は三陽商会が使用しており、Mackintosh Japanで取り扱う製品の方は、2016年以降モデル名は消え、品番のみになっています)

 

(GM-002Bは着丈も短く気軽に着れる)

一方、コットンの方は、2016年のGM-002B(002=旧モデル名:DUNOON ダヌーン)で、シルエットはIラインのいわゆるボックス型。DUNKELD SHORTよりもさらに気持ち着丈が短めで、かつタイトな作り。

後ろ姿はコートを着る醍醐味の1つですが、これは袖を通すと、360度、どの角度から見ても惚れ惚れするシルエットが浮かびます。

旧ダヌーンは着丈も長過ぎず、季節柄、フロントボタンを外してざっくり羽織るだけでもサマになります。これが定番の、定番たる所以でしょうか。

 

(主張の控えめなホーンボタンも好き)

INK(インク)という、濃紺ながら光で鮮やかなブルー浮かび上がるマッキントッシュのこだわりが詰まったカラーは、鮮やかさと落ち着きを兼ね揃えていて、30代後半に差し掛かった自分にも、またこれから歳を重ねても着続けられる絶妙なカラー。

マッキントッシュはすでに2着持っているのに、1着はベージュ系(ソラーロ)のコットンギャバジン、もう1着はグリーン系のゴム引きウールと、なぜか渋い色ばかりでしたが、今回ようやくブルー系を補完することができました。

 

(シンプルゆえにシルエットが映える)

アウトレット品ですが、B品ではなくシーズン落ちが理由ですので、3割引きでも個人的には納得。定番品と言っても、毎年サイズや色、仕様も少しずつ調整されるので、気に入ったモノが見つかった時に買っておくのが正解かと。

主にビジネスで着るトレンチコートの”WOOLER“、カントリーテイストを感じるゴム引きウールのフーデッドコートCHRYSTON LONG、そして街で軽やかに着るこの”002″。

正直コートなんて何着も持っていたってしょうがないのですが、マッキントッシュはたとえ何着持っていても、ついつい他のモノが気になってしまう、自分にとっては特別な存在のようです。

そして気がつけば季節は9月に差し掛かり、早くもコートの出番がもう目の前まで来てきています。そう思うと、袖を通す日が待ち遠しくてウズウズしてしまい、今から楽しみで仕方がありません。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。