【MTO】ヤマナカシャツ再び、アルモ170番手のオーダーシャツ

ファッション

秋冬に向けて2着目のドレスシャツをオーダー

10月某日、ヤマナカシャツ市川アトリエにお邪魔してきました。5月にお邪魔して以来2度目の訪問となります。

ヤマナカシャツで夏用シャツを初オーダー先日、千葉・船橋法典にあるヤマナカシャツでシャツをオーダーしてきました。以前、山神シャツ...

7月に完成した第1号については初回にして大変完成度の高いシャツでして、夏の間何度も袖を通しましたが気になる改善点は見つかず、AWシーズンに向けてそろそろ頃合いと思い、満を持して2着目を作ることに。

プロの目から見たら改善点もあるかも、と1号を着て訪問したら開口一番「着てきてくださったんですね」と山中さん。やはりご自身で作ったシャツはすぐにわかるんですね。

 

(170番手と高番手に手を出すのは初めて)

「次は白シャツを」と考えていて、今度こそシーアイランドコットン(海島綿)にするつもりでいましたが、様々な生地を見せてもらううちに、最終的にはスイス・ALUMO(アルモ)社のブロード生地(170番手)に変更。

ヌメッとした独特の触り心地が何とも心地良いアルモの生地。生地に触れているだけで最高のドレスシャツに仕上がる予感をビンビンと感じます。

ちなみに、前回は夏をアクティブに行動するためにシワになり難く、ヒヤッとした手触りのThomas Mason(トーマスメイソン)のJOURNEYを、そして今回はタイドアップを前提により着心地や肌触りを重視してアルモと、それぞれ使い分け。

ヤマナカシャツはネットでもオーダーできますが、やはりアトリエで実際の生地を見て・触れてみると新たな発見があってイイですね。シャツの用途やシーンによって生地の提案もしてもらえて、それもまた楽しくてオーダーの醍醐味を実感できます。

オーダーから3週間ちょっと。ヤマナカシャツで依頼していたシャツが完成して、もうとっくに手元には届いていたのですが、6月は忙しく...

 

(仕様変更はワイドカラーに変えた程度)

今回はネクタイ着用を前提に、襟をカッタウェイからワイドカラーに、ボタンを薄手の白蝶貝から、樽型で厚みのあるボタンに変更してもらい、あとは前回同様の内容のままにしました。

第1号のシャツ(Journey生地のカッタウェイシャツ)は、素人目には初回から完璧と思われる出来でしたが、山中さんに見ていただき、胸を5mm出し、腰を5mm削る提案を受け、言われるままお願いすることに。

完成は23日後とのこと。これでまた1つ、楽しみができました。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。