4歳の誕生日に買ったあさひの16インチ補助なし自転車がカッコイイ!

子ども・育児

ストライダー乗りだった子どもも早いもので先日4歳の誕生日を迎えました。

ストライダーは1歳のクリスマスにプレゼントしたので約2年半愛用したことになります。巷では4歳でストライダーなどのキックバイクから補助なし自転車に乗り替えるケースが多い様子。

2016年のクリスマスプレゼントイベント事があまり好きではない自分にとって、これまではクリスマスも多分に漏れず…でしたが、子どもが生...

息子もディズニーランドのアトラクションには全て乗れるだけの伸長(102cm)となり、そろそろ頃合いか、と誕生日を機に補助なし自転車をプレゼントすることに。家で遊ぶおもちゃなんかより、外で元気に遊んで欲しいですから。

100cmちょいの身長ですが、今後を考えて14インチではなく16インチの自転車が欲しい。16インチは往々にして重量が12kgくらいありますが、4歳ではまだまだ非力なので、できるだけ軽くて飽きの来ないシンプルなデザインのモノを。

サイクルベースあさひ/ファストライドHUBS16-I

選んだのはサイクルベースあさひのオリジナル商品、ファストライドHUBS16-I。幼児用自転車ですから安全を第一に考えると、餅は餅屋、自転車屋さんの設計なら過不足ないだろうと取り寄せ、実物を見て即購入を決めました。

身長95cm~120cmまでを想定して設計されている。 足もしっかりついて安心

パッと見ても全く子供じみていなくてカッコイイ。14インチ車と同じ身長95cmから乗れる16インチ車というコンセプトで、重量も8.4kgと通常の約2/3とかなり軽量。ご覧の通りしっかり足もつくので安心です。

ストライダーと同じストレートハンドルで、キックバイクからの移行にも違和感ない様子

ストライダーに比べれば当然重いですが、「身体が小さいから」という理由で14インチ車(ストライダー14xという選択肢など)にせずとも、この軽さで16インチなら選ぶ価値ありです。

ツルツルのビニールではなく座っていてもズレてこないサドル、この辺も餅屋らしい

息子の大好きな赤がないのは残念ですが、グリーンとホワイトはどちらも良い色で、最後は息子に選ばせました。悩んだ末に息子が選んだのは白。なかなか良いセンスをしています。父ちゃん嬉しい。

16インチのタイヤと泥除けは必須条件、無駄のないデザインで好感が持てる

さて、購入したらさっそく乗りたがったので公園で練習することに。ヘルメットだけは新調したものの、プロテクターなどは揃えていないので転んでも大丈夫かと心配でしたが・・・。

片足でケンケンしながら助走をつけてペダルに両足を乗せるタイミングを伺う

ストライダーに慣れているので平衡感覚は備わっており、2輪でバランスが悪いことに怖さはなかったようで、あとはペダルに両足を載せるタイミングと、乗せてから漕ぐ動作に多少の慣れが必要だった様子。

姿勢もストライダーに乗っている時とそっくり。幼児は皆ストライダーに乗せるべき

しかしそれも慣れるまでにはさほど時間も掛からず、実際はものの30分で乗れるようになっちゃいました。 補助なし自転車に乗る練習より、ハンドルブレーキをかける練習の方が時間が掛かりましたから(ストライダーの癖で足でブレーキをかけるので) ストライダーは偉大です。 。

未だに歩き疲れると抱っこしろと愚図る甘ったれな息子ですが、今後は公道でも自転車に乗れますので、交通ルールを叩き込みながら徐々に慣らしていこうと思います。

さすがにもう走っては追いつけないので、自分にもBMX買って欲しい・・・。そうママに言いたいのを飲み込んで、しばらくは子どもの自転車の脇を全力で並走するトレーニングみたいな休日を過ごす予定です。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。