Finding for My Summer Style Vol.7

ファッション

オーダーしていたジャケットを取りに行ってきました。

「出来てますよ」とほほ笑む店員さん。

奥から出されてきたジャケットとご対面。

「オォッ!」と声を挙げるのは堪えても、自然とほくそ笑んでしまいます。

早速羽織ってみるとその軽さにニンマリ。

そしてオーダーメイド、もちろんサイズもジャスト!

四方八方から眺めてみる・・・カッコイイじゃないですか!

「いいでしょう、軽くて涼しくて。もう戻れませんよ(笑)」と店員さん。

真価を実感するのは真夏でしょうが、本当にそう思います。

その日のうちにジャケット(ブレザー?)に合うライトグレーのパンツもオーダー。

段々理想とするところに近づきつつあることを実感します。

 

完成したジャケット(ブレザー)はこちら。

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア) ジャケット(ブレザー)【0】

3ボタン段返しの仕様。

胸ポケット・腰ポケット共にパッチポケットにしました。

フロントカットも大きくカットし、スポーティーに。

結構外しを入れましたが、カジュアル過ぎない仕上がりに。

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア) ジャケット(ブレザー)【2】

写真の通りウエストは体型に合わせてしっかりと絞りを入れてもらいました。

 

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア) ジャケット(ブレザー)【6】

ほこりが目立ってスイマセン(汗)

肩は分かりにくいですが、極薄パットで肩のラインに自然となじみます。

 

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア) ジャケット(ブレザー)【5】

表面温度を10度下げるというゼニアのクールエフェクト生地。

細さ17ミクロンのオーストラリア産ウール。

同社のトロピカルと比較しても、目付けが30グラム、糸番手も70から82に細くなったとのこと。

AMFステッチを6ミリで入れてもらい、高級感を出しています。

 

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア) ジャケット(ブレザー)【4】

夏使用ですから本切羽は必須でした。

本切羽は既製品だと袖の調整が難しいですが、そこはオーダーならでは。

ちなみに体型に合わせて左腕の長さを1.5センチ長くしてもらっています。

ボタンは今年旬の白蝶貝ボタン、さらにブレザーっぽく縁ありボタンをセレクト。

 

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア) ジャケット(ブレザー)【3】

ゼニアの赤タグはオーダーメイドの証(既製品は青タグ)。

キュプラはネイビー、ステッチは思い切って赤に。結構いい感じになりました。

 

あとはこれを着て出掛けるだけなんですが、さていつから着始めるべきか。

大学の先輩の結婚式二次会から?まぁ焦らず考えます。

それより、なんだかジャケットに着られてしまう気がしてなりません(苦笑)

着るところを想像するとなんだかドキドキしてしまいます。

七五三にならないよう頑張ります。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • ポウルセン

     
     gohkitiさん、見事に仕立て上がりましたね!どんな感じだろうかと密かに心待ちにしていました☆

     見るからにシャキッとした素敵なジャケットです、左右の袖の長さも各々調整されてるのが嬉しいですね(実は僕も左利きで腕の長さに差が…)、そしてボタンのチョイスがすごくおっしゃれだな~と☆使いやすそうで「遊び」のサジ加減絶妙ですね。

     いやもう書ききれないんですがやっぱり醍醐味はご自分の体に合わせる為に仕立てられ生み出されたこと。大成功でしたね!

     (ゼニアの赤タグってスペシャルな感じでいいですな~)

     ウエストンのクラシックローファーの到着がまたさらに楽しみに。
     ジャケットデビュー、まずは奥様とちょっと良さげなレストランで食事なんていかがでしょうか☆

  • gohkiti

    ポウルセンさん、コメントありがとうございます!

    おかげさまでなんとか完成し、一安心です。
    ボタンのチョイスについては、自分自身最も気に入っている部分の一つでしたのでお褒めいただき嬉しい限りです^-^
    そうですね、私もパッチポケットやボタンでもっとラフになるかと思ったのですが、おっしゃる通り思いのほか「シャキッ」となりました。
    自分で作っておいてなんですが、背筋の伸びる思いがします。
    ウエストンもいよいよ今月末くらいの予定ですから、本当に楽しみになってきました★
    まずはやはり嫁とランチからですかね~。GW中にチャンスがあれば行ってこようと思います!