今、必要とする物とは -時を刻む- Vol.2

時計

どんな時計が欲しいのだろうか。

いざ物色をしようにも、その範囲が広すぎるのが正直なところで、

自問自答を繰り返すわけなのですが一向にまとまらない。

 

勝手にファッションの教則本と位置付けている「男の服装術」(落合正勝著)には

たった一言、「腕時計は薄く、ベルトは革の物」としか書かれていない(シャツの章)。

 

そこで一通り機械式時計の名の通ったブランド、モデルをざっとみて、

気に入った物をリストアップしてみました。

ねるとんでいうところのファーストインプレッションです。

 

まず、1つはIWCのポルトギーゼ。

一張羅のデイデイトがクロノなので、住み分けるなら、と候補に挙げたのが「7days」。

機械式時計を複数持つなら、パワーリザーブが長い方がいい。

しかもパワーリザーブの残りが目で見えるなんて、なんて便利なんでしょう!

そして2針も洗練された印象。

ブラックというのもデイデイトの対極にあってよろしいかと。

 

で、2つ目がゼニスのエル・プリメロ。

これは完全にキャリバーに惹かれて。

シャルル・ベルモー氏の職人としての意地の結晶といいますか。

毎時36,000振動って一体どんなん!?という。

ゼニススターにも憧れます。

一生に一度は体験したい一品です。

 

・・・ん?2つだけ?

えぇ、面食いな物で。

 

もとい。

この2つのモデルというかブランドには特別惹かれるものがありまして。

歴史的背景等も調べて学んでいくうち、

両ブランドに対する敬意みたいなものを感じざるをえない。

IWCとゼニス、どちらもいずれは身につけたいの心から思えました。

 

ブランドは大方絞り込み、あとはどのモデル、どの仕様にするか。

彼女と実際の女房にする基準は違うといいますが、

自分の中で何が必要で、何が必要でないか、

それによって選ぶ時計もおのずと変わってくるのでは、と思います。

 

そしてこのあと、自分でも思いもしなかった方向へと流れていくことになるのです。

(次回に続く)

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。