共に時を刻む喜びを -時を刻む- Vol.4

時計

オメガの「デイデイト」の対極に位置する時計を。

30代を共に生きる時計を探す条件として、挙げた条件です。

考えた末に、浮かんだ仕様は、黒文字盤、薄型、シンプルデザインの3点。

最終的に候補に挙がったゼニスのウルトラシンとIWCのポートフィノ。

悩んだ末にウルトラシンを選んだわけですが、頓挫したのは先日記載のとおり。

 

しかし、実はウルトラシンに決めたあとも気になる時計がありました。

1月の2011 SIHHで発表された新作です。

日本ではこの7月より発売されるとのことで、気にはなっていましたが、

ウルトラシンの話が頓挫したタイミングが6月末という、ある種運命的なタイミングが、

一気に後押しすることになりました。

 

自分の30代を飾る時計、「IWC Portofino Hand-Wound Eight days」です。

IWC Portofino Hand-Wound Eight days(2)

いつかは欲しいと思っていたIWC Portuguese Automatic 7days。

そのパワーリザーブインジケータがポートフィノに”8days”で搭載。

もともとポートフィノは最有力候補の一角だっただけに、気分は完全に新作ポートフィノへ。

 

IWC Portofino Hand-Wound Eight days(3)

すっきりと洗練されたフェイス。1つ目(秒針)でパワーリザーブも控えめ。

IWCらしい45mm径のビッグフェイス。ちょっとクラシックな印象もツボでした。

時分針と「12」の文字は何度見ても美しい。

 

IWC Portofino Hand-Wound Eight days(5)

今回目玉の1つでもあるサントーニの革ベルト。素材はクロコ。

ちなみに裏面はご覧の通りオレンジのカーフ。

黒文字盤にサントーニの茶色ベルトなら黒靴でも茶靴でも合わせに困らない。

サントーニの革ベルトはポートフィノ”8days”と”デュアルタイム”のみで、

これらのベルト交換以外では手に入らないそう。

 

IWC Portofino Hand-Wound Eight days(4)

28800振動の自社キャリバー。ブレゲヒゲを堪能できるシースルーバック。

見ていて飽きることはありませんね。

手巻き式ははじめてですが、巻くほどに愛着が湧いてきます。

 

IWC Portofino Hand-Wound Eight days(6)

本邦初公開、自分の手(苦笑)。

茶の間で一人で撮りましたが、実際はスーツに良く映えます。

 

とまぁ、自分で言うのもなんですがずいぶん背伸びしたなぁと(汗)。

ただ、30代(少し経っちゃってますけど・・・)の象徴と位置付けた以上

妥協はしたくないなぁと途中から思うようになりました。

 

30代に入った頃から時間が過ぎるのが早く感じられるようになり、

今という時間を見つめる必要性を感じたことが今回のきっかけでした。

時計を見ながら今を生きることを常に意識していきたいと思うのです。

今回の一件で本当にいい相棒にめぐり会えたと実感しています。

 

 

それにしても、なんだか勿体ぶった文章になっていますね。

クドクドとスイマセン。

購入する時、身の丈以上の物であると体が反応したのか、

身震いがし、十字架を背負った感じがしました(苦笑)。

時計負けしないよう自分自身も相応に成長せねば、と。

クドイ文章はその重圧からかもしれません、今回は何卒ご勘弁を。

 

今回正規代理店で購入したのですが、ビックリしたのは時計にも

3ヶ月毎に定期点検があるんですって。まるで車ですな。

今は夏ですから、革ベルトゆえに頻繁にはつけられませんが、

少しずつ、共に時を刻んでいきたいと思っています。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • ポウルセン

     gohkitiさん、こんばんは、って、おおおっ!!!

     ちょっと瞳孔がひらきました!

     この新型ポートフィノ(従来の究極シンプルなのもかなり捨て難いわけですが)、実は雑誌で見かけてすごく惹かれてました。もちろん購入計画は一切なくて憧れるのみ。。。

     やりましたねー!gohkitiさん☆

     なんといっても8daysですもんね!これはすごく安心。っていうか満足感があるでしょうね~。 

     サントーニのレザーベルトとなるとさすがに真夏構わず消耗品扱いはできませんよね(汗)

     なるほど、30代を象徴する、主役の1本に、これはたしかに相応しいクオリティのように思います☆

     ほんっと、めちゃくちゃかっこいいですね。正規代理店で購入というのも正解ですよね。

     あ、結構大きめと言われるケースサイズ的にはどうですか?(唯一気にかかるのがサイズ的なことですよね)IWCの中でも従来ドレス寄り(シック系?)の軸となる「ポートフィノ」だと思うのですが、gohkitiさんの感覚ではサイズ的にはしっくりきそうですか??

     なにはともあれうらやましい☆gohkitiさんの英断に敬意を表したく思います!

  • gohkiti

    ポウルセンさん、こんにちは!

    いやぁありがとうございます!ポウルセンさんに斯様なコメントをいただき、自分の判断に自信を持つことができます。

    ちょっと出たばかりでミーハーな感じですが、僕の中では「これを待ってました!」という一目惚れ感がありまして。

    まさに清水の舞台からなんとやら、でしたが、紆余曲折の末、betterではなくbestな選択ができたと思っています。

    ケースサイズは…やはり大きいですね。クラシックなフェイスなのでフォーマルな場でも大丈夫だとは思うのですが、45mmともなるとシャツの袖口にギリギリ収まるくらい。それとも、袖口から出して着けろということなのかもしれません(苦笑)。

    とはいえ、着け心地は特別重くもなく、フィット感も悪くないですし、あとは革が手首の曲線に馴染んでくれば最高です^-^。

    サントーニのストラップは購入すると5万円弱かかるらしいので、天気と相談しながらですが、着けない日もヒゲゼンマイを眺めていれば結構それで満足だったりします(苦笑)

    これで時計熱に火がつかないことをひたすら祈るばかりです……。

  • TARO

    当ブログへのコメントありがとうございました!
    さっそく、お邪魔させていただきました。

    「ポートフィノ・8DAYS」素晴らしい時計ですね。
    パネライに狙いを定める前、ポートフィノも最終候補に残っておりました。クラシックなフロントフェイス、サントーニの革ベルト、シースルーバック、どこから見ても美しい時計ですね。文章を読みながら、gohkitiさんの興奮と感動が伝わってきました。

    30代を飾る時計にふさわしい選択だと思います。僕も早く手に入れたいものです。また、お邪魔させていただきます!

  • gohkiti

    TAROさん、こんにちは!

    お越しいただきありがとうございます!

    時計などポンポン買える身分ではないので、熟考を重ねていたのですが、その甲斐あってこの時計を手に入れることができました。自画自賛ですが、大変気に入っております。

    (しかし先日ちょっとしたアクシデント。これはまた後日ブログにて…)

    TAROさんはパネライに絞られていらっしゃるようで。本当にいい時計ですよね!

    TAROさんに相応しい、記念すべき時計が手に入りますことを、ブログを拝見しながら待ちわびたいと思います。

    こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします!またお邪魔をしにまいります^-^