【MTO】J.M.Weston(ジェイエムウエストン)/641ゴルフオックスフォード

金曜日のこと。

待ちに待った電話が鳴り、僕は表参道へと向かいました。

長く待ち焦がれていたモノ。

受け取ったのはこちらです。

 

J.M.Weston(ジェイエムウエストン)/641ゴルフオックスフォード(7)

J.M.Weston(ジェイエムウエストン)の641ゴルフオックスフォード(以下ゴルフ)。

 

ウエストンのカーフとサイジングに魅了されて以来、次はゴルフを、と決めていました。

パターンオーダー会のハガキをいただき、オーダーしたのは梅雨の頃。

念願のゴルフを目の前に感慨深いものがあります。

以下、自画自賛的にご紹介します(苦笑)。

 

J.M.Weston(ジェイエムウエストン)/641ゴルフオックスフォード(5)

カーフはしっとりとしたノボカーフ。

吸いつくようなモチモチッとした触感と鈍い光沢感が特徴。

ゴルフの象徴的意匠であるラウンドトゥのステッチもきれいに処理されています。

 

カラーはネイビーを選びました。

黒や茶色の靴は十分ローテーションできるほど持っていることから、

これまで1足も所有していないカラーを、ということで。

ネイビーはいかにも冬っぽいですし、これからの時期には重宝しそうです。

 

前回のシグニチャーローファーといい、今回のゴルフといい、

ウエストンでは特殊なカラーばかりが増えています。

これは、ウエストンの企画が毎回ツボであることもありますが、

僕の中ではウエストンは「遊び靴」というイメージがあります。

色や素材で遊び心を効かせることを許してくれる靴、といいますか。

ウエストンで黒や茶色ではちょっと勿体無い、と思ってしまうようです。

 

J.M.Weston(ジェイエムウエストン)/641ゴルフオックスフォード(2)

「セットでどうですか?」と言われて、悩んだ末にお願いしたキルト。

取りつけてみると、思いの外可愛らしく、大変気に入りました。

キルトの表革と裏革のコントラストが印象的で目を引きます。

店員さんにも

「一目でオーダー品とわかるカラーといいキルトといい。やっぱり素敵ですね」

とお褒めの言葉をいただきました。

(そういう店員さんこそ、毎回会うたびに素敵な靴を履いています。

前回は赤のローファー、今回は黒のジョッパー。・・・もう素敵過ぎます。)

キルトはまだ新しいので張り気味ですが、履いているうちに馴染んでくるでしょう。

簡単に外せますが、個性的で可愛らしいので当面つけたままにしようと思います。

 

J.M.Weston(ジェイエムウエストン)/641ゴルフオックスフォード(3)

決して端正な横顔ではないですが、かといって無骨でもない。

これは、イギリスでもイタリアでもなく、まさにフランス的表情ですね。

押しつけがましさのない、自然な色気を感じます。

ゴルフは履かないとポッテリした印象ですが、履くととてもスマートな印象に。

スーツでもなんでもそうですが、自分の体にフィットしたモノを身につけると

体と一体感が生まれて、全体感がより良く写る、まさにその好例ですね。

捨て寸もほとんどなく、履いてこそ真価を発揮する機能美に脱帽です。

 

J.M.Weston(ジェイエムウエストン)/641ゴルフオックスフォード(4)

ソールはもちろんラバーソール。

個人的には革底が好きですけど、ラバーもいいですね。

リッジウェイ的ラバーソールはフランス製とのこと。

ソールにはウエストンの「W」の文字があしらわれています。

このタイプのソールは初めてですが、グリップ力がぐいぐい足を前に進めてくれる、

まさに足で稼ぐジャーナリストシューズの名に相応しい仕様。

 

J.M.Weston(ジェイエムウエストン)/641ゴルフオックスフォード(6)

サイズについては相変わらず文句のつけようがないフィット感。

シグニチャーローファーは4Dでしたが、ゴルフに関しては4 1/2C。

足が寸分の狂いなく見事に「収まっている」という感覚、といいますか。

まさに足と一体になるフィット感。靴の重さはズッシリあれど、運ぶ足は軽やか。

第二の皮膚的履き心地に満足をしています。

 

・・・と長々と書いてきましたが、ボキャブラリィの無さと写真の不味さで、

果たして靴の良さがきちんと伝わっているのか、かなり不安が残ります(汗)。

 

さて、気になるのは服装の合わせ方。

ネイビー靴の場合、皆さんはどのように合わせているのでしょうか?

昨日、この靴に合わせてトラウザーズは一本オーダーしたのですが、

ネイビー靴をお持ちの方、ぜひぜひ参考意見をお待ちしております!

 

最近、Barbour(バブアー)中心で動いていましたが、初夏までは

「この冬はハリスツイードとゴルフでいこう」

と考えていたことをさっき思い出しました(苦笑)。

ハリスツイードに外しのスウェットパンツ、で足元にこのゴルフ。

・・・今、パッと浮かんだだけですが、どうでしょう?

 

あとオーダーしているのはJohn Lobb(ジョンロブ)の2足がありますが、

シューズラックはすでに満員御礼の状態。

靴はそろそろ買い納めかなぁと思っていたのですが(嫁さんの目も怖いですし(汗))、

しかし、すでに次のオーダー会の案内を楽しみにしている自分がいます。

シグニチャーローファーもこのゴルフも、色や素材を変えて数種類保有したいほど、

所有欲に駆り立てられる靴ですね。

良いのか悪いのか、まだまだ靴欲は萎えません(苦笑)。

 

今週末はゆっくりとデリケートクリームでも塗り込みながら、

ゴルフを活かした冬の装いを熟考したいと思います。

 

J.M.Weston(ジェイエムウエストン)/641ゴルフオックスフォード(1)

長文にお付き合いいただきありがとうございました!

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • 45

    gohkitiさん、初めまして。
    ポウルセンさんのブログから拝見させていただいておりました。

    ネイビーのGOLFうらやましいです!キルトがあると印象がかなり変わるのですね。
    WESTONのもっちりした質感が懐かしいです。お二人のブログからまた靴欲がわいてきました(笑)。

  • mohikan

    こんばんは!
    グレーとボルドー色で少し太めのボーダーソックスを見せつつの色落ち感のあるデニムなどいかがでしょう?もしくは紡毛系のトラウザーをシングル裾上げでとか…
    すいません、自分が今年やろうとしてる事をただ並べてみました(汗)
    ついに来ましたね~私も待っていました(笑)
    キルトを付けたり外したり履き方もいろいろ楽しめそうですね、今度外した時の姿も見てみたいです。
    ローファーに引き続きやっぱりオーダーならではのカラーって実に魅力的ですね、私も長い納期を待てる大人になれないものか…。

  • ポウルセン

     gohkitiさん 

     ちょうどナイスタイミングでウェストンに関する話題を共にさせていただきました☆ 

     ついにですね~。

     キルト付き(2重!)でしかもネイビーで!一歩先行くゴルフとはこのこと!

     たしかにひととおりセオリーをふまえた靴のヴァリエーションが揃うと、パターンオーダーで「遊び」の要素をふんだんに盛り込むのはありですよね。靴好きにとってはgohkitiさんのゴルフは目を惹かれずにはいられません。

     gohkitiさんのアイディア、ツイードジャケット+スウェットパンツ合わせは良さそうですね!

     遊び心の込められた靴なら、スポーティなゴアテックス系ハイテク素材のシェルにインナーは上品なハイゲージのVニット、そこにグレンチェックやハウンズトゥース柄のトラウザーズを組み合わせてもいいかも☆スポーツミックス?

     あれこれ空想がひろがりますね~。

  • gohkiti

    45さん、はじめまして!
    コメントをいただき本当にありがとうございます!

    ノボカーフは初めてでしたが、油分をたっぷりと含んだこのモッチリ感は、
    どのブランドにも無い極上の質感で、ウエストンの革質に改めて驚いています。
    奇抜なネイビーカラーにキルトと、ウエストン初心者なのに背伸びをしてしまいましたが、
    思った以上の完成度に大変満足しております。
    45さんは過去にお持ちだったようで、モッチリ感も良くご存知なのですね☆
    私なぞ今年に入ってようやくウエストン所有者になったばかりの新米ですが、
    本当に素晴らしい靴だと感じています。
    45さんも思い立ったが吉日!ぜひ再所有なさってくださいませ。
    その際はローファー?ゴルフ?はたまたハント・・・!?想像するだけで楽しいですね♪^-^

  • gohkiti

    mohikanさん、こんばんは!

    なんだかmohikanさんにもお待たせしてしまったようで(汗)
    期待していただきありがとうございます。
    おかげさまで無事に届きました!
    同時期に発注された方よりも早く届いたようです。オーダーカラーの差のようです。
    なるほど~!ボーダーソックスでポイントを持ってくるのはいい案ですね!
    ジーンズと靴が同系色になってしまうので、ちょっと悩ましかったのですが、
    一光射した感じです。ありがとうございます!

    僕の場合は足のサイズの関係上、既成品で対応することが難しいため、
    待つことには慣れていますから(苦笑)。
    で、せっかく待つならオーダーならではの仕様で、という流れがあるだけでして、
    僕には既成品で対応できる皆さんが羨ましいです(涙)。
    でも、ながーく待つ分、楽しみな時間も伸びますので、
    長いこと幸せな気持ちではいられますよ^-^;
    また、物欲のアウトプットが遅くなる分、節約にも繋がるのでは・・・!?と、
    この持論の検証結果については今後ブログにてご報告したいと思います(苦笑)。

  • gohkiti

    ポウルセンさん、こんばんは!

    コメントをいただきありがとうございます!
    恐らく1週間くらいの差ですかね~。
    ポウルセンさんとこの喜びを共有することができて嬉しい限りです☆

    スポーツミックスのご提案ありがとうございます!
    正直、スポーティーな装いにはスニーカー、などという固定概念が抜けない僕には
    まさに目から鱗のアイディアです。
    ゴルフの名前の通り本来スポーツ寄りなんでしょうし、確かに相性は良さそう。
    う~ん、さすがはポウルセンさん、勉強になります(唸)。

    ポウルセンさんの指摘で、遊び靴ゆえに大いに遊ばないと十分活かされないと
    改めて気づかされたといいますか、
    せっかくのゴルフなので固定概念に縛られることなく、
    色々な組み合わせを楽しんでみたいと思います!
    ・・・あ、スポーツブルゾンが気になりはじめてきた。
    ポウルセンさんの助言、危険です(苦笑)。