【MTO】John Lobb(ジョンロブ)/JODHPUR(ジョドファー)【完成】

先日、ちょっと触れたEMSの件。

 

20120312-1.jpg

(だいぶレポートが遅くなり、申し訳ありませんでした・・・。)

さて、箱の中身は、といいますと・・・。

 

20120314-11.jpg

シューホーンとIsland Vintage CoffeeのキャンディとLeather Soulのボールペン。

それから例のアノ黄色いシューズボックスが2つ・・・。

 

20120314-12.jpg

さらにシューズボックスの中身には、黄色の袋に包まれたモノが・・・。

(いつもこの瞬間が一番ドキドキしますね。)

中身はこちらです。

 

20120314-14.jpg
  • John Lobb/JODHPUR
  • Size(Length) : 5
  • Size(Width) : D
  • Last : #8695
  • Leather : Dark Brown Misty Calf

去年の今頃からずっと欲しかったジョッパーブーツ、ようやく手に入れることができました。

感無量です・・・。

 

20120314-19.jpg

他のメーカーのジョッパーブーツと大きく異なるのはストラップの巻き方でしょうか。

ジョンロブのジョドファーはストラップがバックステイ部分でクロスして、

前向きに留めるのが特徴的。

 

裾口からさりげなくストラップとバックルが覗き、プレーンな足元にサイドから

アクセントを加える効果があり、大変よく計算されているように思います。

 

20120314-23.jpg

このジョドファー、元々乗馬靴から派生したブーツゆえの実用性は備えつつ、

他のメーカーのジョッパーブーツに往々にしてある、一見ゴム長靴のような

野暮ったさはなく、全体的にエレガントな印象に仕上がっています。

20120314-21.jpg

きれいなラウンドトゥのラストはウィリアムなどでも使われている#8695。

ジョンロブの中では実直な印象のラストです。

#7000や#8000など、プレステージラインで使われているラストよりも

気持ちゆとりがあるとの前評判だっただけに、唯一サイズ感が気になっていましたが、

#7000と同じく#8695も5Dでピッタリでした。

ただ、言われてみれば#7000などと比べてヒールカップが若干大きいかなぁ、

いう印象もありますが、気になるほどではありません。

特に今回は短靴ではなくブーツでしたから、まったく問題ありませんでした。

 

20120314-16.jpg

ブーツと言えばトリッカーズのカントリーブーツを思い浮かべますが、

カントリーはくるぶしが当って痛くなったりするのに対し、

このジョドファーはアッパー側の革とヒール側の革の絶妙な関係で

ブーツゆえの窮屈さや痛みはありません。

脱ぎ履きも楽だし、甲からヒールにかけてしっかりホールドしてくれるので、

ストラップをきつく締める必要もありません。

ストラップ自体もかなり細いですし、このジョドファーのストラップについては

装飾としての意味合いの方が強いのかもしれませんね。

(余談ですが、この横からのアングルが大好きです・・・照。)

 

20120314-24

到着後、早速職場に履いて出掛けました。

靴の表情となるシワ(プレーントゥゆえ)も入り、履くほどに愛着が湧いてきます。

Leather Soulではダークブラウンのミュージアムカーフが店頭に並んでいましたが、

オンでもオフでも履くことを考え、ムラ感の抑え目なミスティカーフをチョイス。

パッと見の派手さはないですが、履いてみると、オンでは華やかに、

オフではシックな印象が出て、いずれのシーンでも足元がアクセントになり、

MTOした当時の自らの選択に満足しています(笑)。

まだ寒い日が続くおかげで今シーズンの履きおろしになんとか間に合いました。

週末は靴磨きをしながら、さらにジョドファーの良さをじっくり堪能したいと思います。

 

20120317-1.jpg

そしてジョドファーと共に届いた靴はもう一足。

そちらはまさにジョンロブらしい華やかな一足でした。

このお話はまた実際に履いてから追ってレポートしたいと思います。

長文にお付き合いいただき、誠にありがとうございました!

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • TARO

    こんばんは。

    John Lobb/JODHPUR 本当に美しい靴ですね。
    写真に見とれてしまいました。
    このストラップのデザイン(巻き方)が、エレガントさを高めているようにも思えます。スーツ姿にもぴったりですね。John Lobbは履いたことがありませんが、一度履いてみようかな…。目の保養になりました(笑)

  • gohkiti

    TAROさん、コメントありがとうございます!

    ようやく届きましたが、自分にはちょっと勿体無い感じがします(苦笑)。
    革質といい作りといい、ジョンロブは完成度が飛び抜けて高いなぁと
    思っています。もちろんお値段も飛び抜けていますが・・・(苦笑)。
    当分、他のドレスシューズは買う気にならないのでは、と。
    日頃から散財気味の自分にとってはイイ傾向ですね、きっと(笑)。
    既に履きおろしましたから、これからはガシガシ履きますよ!
    ぜひ、TAROさんも店頭で一度お試し下さいませ!^-^

  • RYO

    う~ん、カッコいいですね。
    確かに横からのアングルは何とも色っぽいですねえ(笑)
    それとミスティの色合いもブーツにマッチしてますね。
    私も次のターゲットに急浮上しました。

    ところで、WILLIAM2もそうですが、
    LOBBのブーツは何月位まで履けるのでしょうか??
    実は季節に関係なく一年中?

  • gohkiti

    RYOさん、コメントありがとうございます!
    ジョドファーが次のMTO候補に急浮上のきっかけになったなら
    こんなに嬉しいことはありません^-^。

    ブーツの履ける時期は自分も毎回悩みます。
    自分が持っているブーツですと、夏でもオールデンのタンカーブーツは
    なんとなく違和感がない気がするのですが、トリッカーズのカントリーは絶対避ける。
    その判断基準って人それぞれですが、自分は客観的に見た時に人に与える不快感
    なんだろうなぁと思います。

    落合正勝氏も書籍の中で
    「服に客観が必要なのは、服はそれを身につけたとき服装という現象に変質するからだ。服装は自分と他人のためにある。どんなお洒落をしようと自由だが、それは密室でひとり悦に入るためではない。社会とのつながりが必要で、そこに客観性の必要が生じる。」
    「服装は、煎じ詰めれば、「上品」と「均斉ないしは調和」の二つだけで、双方の要素ともに、他人が決定することで、僕たちは、その他人の印象度を高める努力をする必要があるのだ。」
    とおっしゃっており、判断するのは自分ではなく他人であるという意識で
    客観的に判断するしかなさそうですね。

    で、長くなりましたが、個人的にはキッドモヘア混の夏用スーツなどとの
    組み合わせでスマートに履けばありなのではないかと。
    あくまで客観的に判断しているのですが・・・いかがでしょう?^-^;