シャツと向き合う

ファッション

ご無沙汰をしております。

いよいよアメリカでは各地でセールが始まりました。

覗いてみると50%オフなどは結構ザラだったりして。

興味はあるのですが、如何せん余計な物欲を駆り立てられるので目の毒ですね(苦笑)。

残りわずかとなった2012年は堅実に過ごそうかと・・・(今さら?)。

 

さてそんな中、堅実な買い物の話を少し。

テーマはドレスシャツについて。

 

「シャツは消耗品」

こんな偏った考えが以前から僕の根底にありました。

毎日着るものだし、季節も天気も選り好みでないし・・・とまぁいろんな理由をつけて。

それゆえ、これまでシャツへの投資は常に後回しにされてきましたが、

靴をはじめ、身の回りのモノがようやく一揃いしはじめた今、

改めてシャツと向き合いたい衝動と駆られ、高い関心を寄せています。

 

特にドレスシャツについては「仕事着」と割り切って、コストパフォーマンスを

追い求めていた経緯があり、今回を機に大きく方向転換、いや脱却を図ろうと。

そうしたわけで、この秋から実際に袖を通して、素材、作り、フィッティングを確認しながら

ポツリポツリとドレスシャツを購入しています。

 

20121118-02.jpg
  • Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)/Luciano(ルチアーノ)
  • Size:37(14 1/2)

1着目は恐れ多くもルイジボレッリ。

自分はスーツにはほとんどブルーのシャツしか着ませんので、

今回もサックスブルーのツイル地を選びました。

アットリーニとボレッリで悩んだのですが、ダーツの絞り具合が決め手でボレッリに。

高番手の生地の持つ光沢感やアームホールなど各所に施されたハンドステッチ、

立体的な裁断など、随所に着心地の良さを感じることができます。

兎角このセミワイドな襟元の雰囲気は奥ゆかしく、静かに主張する感じが好みです。

 

20121118-03.jpg
  • Black Fleece(ブラックフリース)
    /Oxford Button-downshirt(オックスフォードボタンダウンシャツ)
  • Size:BB00

2着目は念願叶ってBrooks Brothers(ブルックスブラザーズ)の

オックスフォードシャツを手に入れることができました。しかもブラックフリース。

オックスフォード地は力強くも滑らかな肌触りで、頼もしくそれでいて上質。

そしてなにより自らの身体にほどよくフィットするシャツ、

(特にウエストの絞り具合などは感動的で)思わず嬉しさがこみ上げてきました。

 

20121118-04.jpg

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)とBlack Fleece(ブラックフリース)、

どちらも今さら僕の稚拙な文章でご紹介するまでもなく、

素材、作り共に非の打ち所のない素晴らしいシャツですが、

これらは実際に袖を通して素材に触れ、フィッティングを体感し、

納得できるシャツに出会えたことは、自分にとって心躍る体験でした。

 

最初の素材選びを間違えるとどうにもならないことは靴でもシャツでも同じことで、

アイロン掛けをしながら常々感じていたのが、素材の重要性。

くたびれたシャツにアイロンを掛けながら、コストパフォーマンスを考えている時点で

対象物を消耗品として捉えている証拠では?と感じたことから始まった意識変化。

これを機に今後は質と作りとフィッティングの3点を軸に探していきたいと考えています。

 

とはいえ、おいそれと購入できる代物ではありませんので、丁寧に手入れをしながら

これらを中心に少しずつ置き換えていければいいな、と気の長い計画を練りつつ。

 

20121118-01.jpg

毎日着るものだからこそ、厳選したものを着ようと思えるようになったことは

これも一種の成長、と捉えています。

数ではなく質へのシフト。そしてそれに欠かすことのできない取捨選択。

(フィッティング、スタイル、自分に合うもの、合わないものの理解、云々)

日々の生活のクオリティが高まるような変化を望む今日この頃です。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • オボイスト

    gohkitiさん、こんばんは!
    ブルーのボレッリ良いですね~! 上質な生地のみが持つ光沢感がたまりませんね。
    シャツ、私も好きなのですが結構するものですから、なかなか数が揃いません…「これ2枚買う値段で靴一足買えちゃうじゃない!」なんてケチ臭い考えが脳裏をかすめると、どうにも踏ん切りがつかず。。。笑
    それでも、やはり生地作り共に良いシャツというのは、朝着た時から何となく気持ちが爽やかに引き締まるもので、私も少しずつ揃えていけたらと思いました^^

  • オボイストさん、こんばんは!
    コメントありがとうございます!
    僕も【シャツ+シャツ=靴】の計算式がどうしても理解できなくて・・・(苦笑)
    しかし、正直これ以上靴が増えてもどうしようもないので、
    必要なモノにその時ベストと感じるモノを買おうと思うようにしました。
    シャツに関しては本当に疎くて、まだまだ勉強が必要ですが、
    ファブリックやハンドステッチの良さは初心者の自分でもひと目で伝わるものがあり、
    この短期間にシャツの見方が変わったというか、視野が開けた感があります。
    まだまだ試してみたいメーカー(フライやメローラなど)もありますので
    少しずつ自分の理想に近づけられればと思っています。
    お互い少しずつですが、なんだか今後が楽しみですね!
    オボイストさんのオススメなどがあればぜひ後学のために教えてくださいね(^^)。

  • yokoyoko

    gohkitiさん
    難しいですね。シャツは、袖口と襟の部分だけが突出して消耗するんですよね。他の部分は全く問題が無くても駄目になる。フライのシャツが1年くらいで袖が擦れて駄目になってしまうなど、泣いても泣ききれません。これが嫌でドレスシャツはすべてオーダーで作っています。シャツやさんに頼んで、残布を多めに残しておいてもらい、数回の交換は可能です。

  • yokoyokoさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます。
    シャツは消耗品か否かの判断は本当に難しいですね。。。
    フライのシャツが1年・・・それを聞くと怖くなります(汗)。
    ボレッリのシャツは初めて購入しましたが、ヘタってきたら
    きっと結構落胆するでしょうし、いつかは受け止めなければ
    ならない時が来るでしょうが、その間にどれくらい得られるものがあるか
    目下不安と期待の中におります(^^;)。
    しばらく手作業の多いシャツも経験をして自分の中の落とし所を
    見出していければと。しばらく手探りが続きそうです。
    yokoyokoさんのオーダーシャツでの対処法には目から鱗でした!
    まさに部分的消耗が激しいシャツの理にかなった運用方法です(驚)。
    きっと信頼できるシャツ屋さんをお持ちなのだと思います。
    よろしければ後学のためにこっそり教えていただければ、などと
    ・・・厚かましくてスイマセン(汗)
    シャツに関してはまだまだ迷走するかと思いますが、ぜひ今後とも
    ご意見などを頂戴できればと思いますのでよろしくお願いいたします!

  • yokoyoko

    gohkitiさん
    こんにちは、
     私が付き合いをしているシャツ屋に関する情報ですが、特に隠す意図は無いのですが、何せネットには全然出てこないところなので、書いて良いものなのか思案しています。
     ただ、別にベストでは無いと思います。ハンド作業は多分していないと思います。ボタン付けくらいはしているかな。もう12年ほどの付き合いをしているので、特に新しい仕様変更等はしていませんが、ここまで来るのに、何枚も作っています。今ではオンリーワンです。仕事着としては、100双あたりで十分高級といえると思います。しかし欲ですかね、結構高番手な生地で作ってしまっています。個人的にはアルモの170双ポプリンなんか好きです。

  • yokoyoko

    すみません。途中で投稿してしまいました。
    gohkitiさんは、しばらくハンドという事なので、ニーズに合わないかもしれないですね。
    都内にある店(本当は、家)です。興味がお有りでしたら、お教えしますが掲示板では・・・ですので連絡方法を教えて頂いたらお伝えします。
    一番最近では、この夏にクールビズ用にカルロリーバのリシオでボタンダウンを作りましたが、結構気に入っています。(カルロリーバはさすがに高いです。)

  • yokoyokoさん、
    突然無理なお願いをして困らせてしまい申し訳ありません(汗)
    yokoyokoさんが通われるお店に興味が湧き、気になったのですが、
    確かにWeb上ではマズイですね。
    「オンリーワン」に出会える幸せは自ら開拓されて辿り着いたものとお察しします。
    ぜひともお伺いしたいところですが、最適なご連絡方法が思いつかず、
    またそれ以上に、yokoyokoさんが10年以上長く通われているお店と聞いて
    簡単に教えていただいてしまって良いものか今さならながら後ろめたい気も
    しております(汗)。(せっかくのご好意に甘えてしまってよいものか・・・。)
    自分から言い出しておきながら申し訳ありません。
    アルモの170双ポプリン、カルロリーバなど、心惹かれる服地の数々に
    思わず興奮してしまいました。
    スーツの羊毛生地に関しては多少知識がついたものの、コットン生地はまだまだ。
    未開の境地に逸る気持ちがしています。
    今日初めてボレッリを着用し出勤をしました。
    生地やハンドの着心地を堪能しながらもサイズ感についてはまだまだ懐疑的で、
    しばらくは色々と模索し続けることになりそうです。
    早く自分にとってベストと呼べる選択肢が見つかれば、と焦る気持ちを抑えながら
    じっくり探してみたいと思います。
    ハンドとオーダー、ブログ上でもしばらく葛藤が続くと思いますが、
    ぜひより良い方向に導いていただければと思いますので、
    今後ともよろしくお願いします!