【BUY】Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)/LUCIANO(セミワイドカラーシャツ)

ファッション

たどり着いたドレスシャツの極み

ドレスシャツを買い足そうと思い、秋からFRAY(フライ)やTurnbull & Asser(ターンブルアンドアッサー)など一通り試し、さぁどうしようかと悩んでいましたが、ある朝ルチアーノに袖を通したら、悩むまでもなくもう自分はLUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)しか着られないことにはたと気づきました(ちょっと大げさ)。

20131221-02

  • LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)
    /LUCIANO(セミワイドカラーシャツ)
  • Size:14/36
  • Color:サックスブルー(0070)

生地や縫製、そしてシャツが持つ雰囲気やその佇まいまで、全てにおいて非の付けようもなく、今さら他社を当たる理由も見当たらず。ちょっと変な誤解を招きそうですが、ルチアーノを着ている時の自分が好きなんです。ルチアーノを着ているだけでとても幸せな気分になれる、そんな思いにさせてくれるシャツもそうないだろうと。

20131221-01

問題はサイズ。これまではサイズ37を着ていましたが、少しシルエットが大きく感じられてきて。クラシックなドレスシャツはそんなものだろうと思っていたのですが、同じ37ならフォルミコラの方がフィッティングが良くて悩んでいました。そんな折、ボレッリでようやくサイズ36を見つけ袖を通したところ、肩、袖、胸元から腰の身体と生地の距離感など、直す必要のない完璧なサイズに思わず感動。ドレスシャツの到達点を見た気がしています。

20131221-05

ポプリンよりツイルが好きで、色は明るめのサックスブルー(0070)というカラーを選びました(以前購入したシャツはもう少し濃いブルーの0071)。トーマスメイソンのトロトロとした滑らかな生地と、温かみを感じるハンドステッチの数々、無駄なく身体に添う洗練されたシルエットなど、これ以上もこれ以下もないと感じる、自分にとって絶対的な存在。ルチアーノに対して大きな信頼を抱くに至りました。

20131221-04

信頼を寄せるもう1つの理由は、最近できた旗艦店の存在。今回、シャツのほつれ等について相談をしたところ、本当に丁寧で親身な対応をしていただき、頭の下がる思いでした。雨降って地固まる・・・ではないですが、トラブルを通じて実感した大きな安心感がボレッリというブランドへの絶対的な信頼に変わった気がします。

サイズ36は旗艦店でも入荷が少ないようで、入荷したらできる限り買い揃えたいと思います(店員さんにはオーダーを勧められましたが、それはまたいずれ)。ワードローブがボレッリのシャツで満たされる日はいつになるかわかりませんが、これからコツコツ買い足していきたいと思います。

それではまた!

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • Yuta Kitamura

    こんにちは。先日、ボレッリのシャツを購入して以来頭から完全に離れなくなってしまった者です。このブログにたどり着いて以来、同じような悩みをされている方だと思いコメント致しました。

    それまでは鎌倉シャツ派でしたので全て鎌倉で揃えていたのですが、質感、コストパフォーマンス共にボレッリのようなものは難しいのでしょうか…
    加えて疑問なのですが、トーマスメイソンの生地というものは、多くがあのようなトロトロの質感なのでしょうか。まだまだ勉強不足で…

    • Yuta Kitamuraさん、初めまして。お立ち寄りいただきありがとうございます。
      鎌倉シャツは本当にコストパフォーマンスが高く、コスパだけで言ったら生地質、作り、信頼性のどれをとってもあれほど高いメーカーは簡単には見つかりそうにありません。

      ご質問の意図はボレッリのようなシャツを鎌倉シャツの価格帯に求められるか、という趣旨でよろしかったでしょうか。
      それであれば恐らく不可能かと思います。高級ドレスシャツの価格設定は、生地と手作業の数に尽きると思います。同じ生地感を求めるのであれば、どんなに量産してコストを下げても1万円以上支払わなければ難しいかと、個人的には考えています。
      一方で、手作業を減らし、マシン工程が多ければ、その分は価格は下がるかと思います。Eフォルミコラが2万円ちょっとだと思いますが、生地質はボレッリにも劣らず上質ながら値ごろ感があります。
      ボレッリのルチアーノを形成するシルエット、生地、手縫いの雰囲気をより低価格で既製品に求めるのは厳しいかと思います。オーダーでシルエットを似せて、かつ生地を上質なモノを選び、手縫いは妥協すれば1万円台後半で可能かもしれません。
      トーマスメイソンの生地については、ボレッリの3枚の他は恐らく袖を通したことはありませんが、ブロードはすべてトロトロした肌触りです。ただ、メイソンにはゴールドラインとシルバーラインがあるので、全ての質感が同じかどうかは申し訳ないですがわかりません。
      すみません、期待に添える回答になっているかわかりませんが、私でわかることでしたらお答えいたしますので、また何かあればご連絡いただければと思います。

      • Yuta Kitamura

        gohkitiさん、返信ありがとうございます。

        いえいえ、私の思っていた以上の回答をして頂き大変感謝しております。
        私なりに色々と検索をかけてみましたが、やはりボレッリのシャツがこれだけの価格であるということは、それ相応の理由があるということが大いに分かりました。
        ワイシャツほど奥が深いものは無いように最近は思うことも増えてしまいました。
        しかしながら、このメーカーのシャツは一度着てしまうとその感覚を忘れられないようなシャツです。自分の身の丈に合わないようなシャツである気がしてなりません…

        フォルミコラのシャツも気になっていましたので、買ってみたいと思います。
        どうも、ありがとうございます。これからもブログ陰ながら拝見させて頂きます。