若いながらも歴史あり【3】Soffice&Soild(ソフィスアンドソリッド)

大切なクリスマスの思い出

時々思い出し、書こうと思いながら一向に進まないこの企画。ようやくの第3回はクリスマスの思い出深い一足についてです。

革靴にのめり込み始めた頃手にしたSoffice&Solid(ソフィスアンドソリッド)の靴が今回の一足。

トレーディングポストとユニオンロイヤルのコラボレーションで誕生したソフィス&ソリッドは、ボロネーゼ式グッドイヤー製法という珍しい製法で作られており、イタリアのしなやかさとイギリスの堅牢さを併せ持つというコンセプトでスタートしたブランドです。

当時は右も左もわからず、アメリカ靴はアンパンみたい、イギリス靴はゴツイし痛い、イタリア靴はノングノーズが嫌、という中で、初めて手にした日本ブランドの靴になります。コバの張り出しが少なく、トゥも長過ぎず丸過ぎずで、パーフォレーションやカラーなど、デザインがモードにもクラシックにも映り、とにかく中庸な感じが良かった。また、足の小さい自分にとって初めて自分の足にあったフィッティングを体感することができたのも大きな発見でした。この靴を通じてトレーディングポストの店員さんから丁寧に革靴のイロハを教えてもらい、本格的な革靴へと足を踏み込んでいったことを記憶しています。

そしてこの靴、実は当時付き合っていた彼女に初めて貰ったクリスマスプレゼントなんですよね。この靴と、勧められるがままにコルドヌリアングレースのシュートゥリーをセットで。当時5万円ちょっとしたでしょうか。プレゼントされて、大人の女性と付き合っていることを実感したものです。

それからすでに7年以上が経過し、今年もクリスマスがやってきました。その間にその彼女とも結婚、これまでの移りゆく時代をずっと足元から支えてくれた思い出深い一足です。

さて、そんな靴ですが、最近ではエイジングが進み、手入れの方法も見直さなければいけない時期をむかえました。

以下は今年の夏に撮影した靴の写真。

20131109-01

複雑で細かい履きシワが入っています。革はフランス・アノネイ社のレザーを使っているとのことですが、足のなじみは良い反面、細かいシワが他の靴と比べても多い。正直あまりイイ革ではないかもしれません。

20131109-04

右足はもっとシワシワ。ここまで来るともっとしっかり手入れしていかないとアッパーが寿命をむかえ、これ以上履けなくなるかもしれないという危機感を抱きました。

20131109-02

ソールに穴が空いてもオールソールをせず、上からハーフラバーを貼って対応し、その後はいつの間にか天候が不安な日での出番が増え・・・老体にムチ打ちっぱなし。

20131109-03

ハーフラバーに穴が空いたら今度こそオールソールを・・・なんて思っていますが、とにかくこのままではイカンと、つま先を補修し、手入れの方法も変更しました。

これまでM.モゥブレィの乳化性クリーム(バーガンディ)で磨き続けてきましたが、これまで以上にケアが必要と感じ、また今後は齢相応、自然なエイジングを見届けたいと、ディアマントとサフィールノアール・クレム1925のニュートラルを使い磨いています。そしたらまぁ、革に残った余分なクリームがごっそり落ちること落ちること。昔からクリームの付け過ぎだったことを大いに反省しています。

それから4ヶ月ばかり、クリームを変えたこともあってか、最近艶が蘇ってきたように感じます。

20131222-02

バーガンディも余分なクリームの色が抜け、多少ムラ感が軽減され、革本来の色や透明感も出てきました。

20131222-03

英・米・仏・伊・西と、その後色々履いてきましたが、この靴に対して今でもきれいなシルエットだと感じることに変わりはなく、変わらぬ愛着を抱いています。

20131222-01

オンオフ問わず、仕事もデートもバンドのライブの時でさえも、これを履いて飛んだり跳ねたりしてきました。これまで以上に手入れを続けながら、末永く、気の置けない親友のような付き合いを続けていければと思っています。

今日はクリスマスイブ。どうか素敵なクリスマスイブをお過ごしください!それではまた。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • オボイスト

    gohkitiさん、こんばんは!
    何かと慌ただしい年末、いかがお過ごしでしょうか。

    さて、こちらの靴、色味が何とも素敵ですね^_^
    知名度や値段よりも、自分のインスピレーションに合うかどうか、モノを選ぶときに非常に大事なことだと思っています。奥様からのプレゼントという思い出も素敵なエピソード、少し前に靴を何足か処分されたというgohkitiさんの元に今も残っている理由の一つなのでしょうか。

    私も貰ったものは無条件に素敵に感じるし、絶対捨てないタチです。
    いつまでも大切に履いて頂きたいです^_^

    是非、こちらの靴にこそハーフレザーソール交換、試されてみてはいかがでしょうか!

  • hyde

    こんばんは!
    奥様との素敵な思い出の一品なんですねー。
    靴とツリーをセットでプレゼントしてくれるような女性にこれまで出会ったことないので
    羨ましい限りです。多くの女性は靴好きはいてもツリーには興味ないですもんね。。
    これはこれからもきっちり手入れして履くしかないですねー!

  • オボイストさん、こんばんは!
    こちらは毎日呑み会続きで大変な騒ぎです(^^;)。
    それも明日で終わるかと思うとようやくホッとできそうです。

    この靴、初期不良で革が割け、作り直してもらったという曰くがあり、本当に思い出深い
    一足です。値段の高い外国製の靴に触れるたび、一時はおざなりな対応になりかけたことも
    ありましたが、愛着は素材や作り、背景云々を凌駕するようです。
    嫁さんからもらったプレゼントということや、この靴を通して様々に学んだ事実が、
    自分の短い歴史の中で特に重要な時期に大きな役割を果たしてくれたと感じ、
    日々靴磨きにいそしんでいます。
    学んだことも多く、これからも朽ち果てるまで添い遂げたいと思います(大げさ)。

    そう!オボイストさんが先日リペアした様子を拝見し、「これだ!」と思ったのは
    この靴のハーフラバー後の対応なんです。
    おかげでとてもいい方法を知ることができました。
    ハーフレザー、ぜひぜひ次回試してみたいと思います!ありがとうございます!

  • hydeさん、こんばんは!
    はい、まさかのシュートゥリーもセットで。
    自分でさえ、アローズオリジナルのバネの弱い、シワが伸びてるのかどうかも
    わからないようなシロモノを使っていた時期に、Wスプリングの本格的なシュートゥリーに
    触れたのは彼女のおかげです。
    いざという時の支払いの良さは、本当に男前(笑)。勿体ないほどの相方です(^^)。
    ストックの中でも最古に近いこの靴ですが、まだまだ現役。
    DHCで駄目ならSKⅡといった具合に、大事に大事にケアして
    これからも履いていきたいと思います。
    手入れをおろそかにしたらきっと大きな罰が当たりますよね(^^;)。心して磨かねば!!