gohkiti AWARD 2013

ファッション 小物・アイテム 日常のこと

今年一年ありがとうございました!

もはや年の瀬、いよいよ今年も残り2日となりました。年内最後のエントリは今年1年の反省と総括を兼ねて「gohkiti AWARD 2013」をお送りします。毎年、自らの生活やマインドに大きな影響を与えてくれたアイテムたち。そんなアイテムを自分に対する貢献度を元に自由気ままにランキング付けするこの企画(ちなみに過去の状況はこちら⇒2012年2011年)。

それでは栄えあるトップ5のご紹介です。

第5位「Tricker’s/M7195 Cap Toe Country Shores」

20130523-00

ポッテリとした短靴に関心を示すようになったのは今年に入ってからですが、カントリーライクなフルブローグではなく、キャップトゥというシンプルなデザインと、マロンカラーに惹かれて購入したのがこちらのトリッカーズ、カントリーキャップトゥシューズ。このボリューミーな靴には細身のパンツとの相性が良く、この靴を活かすべくジーンズ以外のパンツも増えたように感じます。今や足元のバランスを取るために欠かせない一足。

第4位「Tomorrowland/ポリエステルナイロン M65ショートジャケット」

20130303-01

トゥモローランドオリジナルのM65は、春らしいライトグリーンの生地にゴールドのパーツの組み合わせがセンスを感じさせるデザインで、着回しやすさとしっとりとした質感から、春はこればかり着ていました。元々化繊を毛嫌いしていた感のある我がアウター選びですが、ポリエステルナイロン生地の張りや軽さ、発色やその肌触りといった数々の利点が、アウターの選択肢として大いに「有り」だと思い直すきっかけになった一着。

第3位「Sanders/Chukka Boot」

20131117-29

サンダースのスエードチャッカブーツ(通称マッドガード)の、コバにあたる部分をラバーテープでグルッとめぐらした造形の愛らしさと、どんな装いにも合う履き回しやすさにたちまち虜になりました。自然なトゥのラウンド感、程よいボリューム感は足元のバランスが取りやすく、9分丈に直したパンツにマッドガードという組み合わせがいたく気に入っています。すでに年末の騒動で幾多の災難に見舞われていますが、期待以上に応えてくれる頼もしい存在。

第2位「Mackintosh/Wooler」

20131029-09

トレンチコートですがフロントボタンはシングルで重厚過ぎない印象のマッキントッシュ、ウーラー。大人びているようであどけなさも残る、そんなイメージを理想としている自分にとっては相応しいコートでしょう。ソラーロというカラーや、立ち襟の雰囲気がとても大人びて映り、腰ポケットに手を突っ込んで通勤から散歩まで、どこへでもこれを羽織って出掛けます。ハーフコートの魅力を再認識するきっかけにもなった一着。

第1位「Berluti/E Mio」

20131208-02

3年間切望した末にようやく手にしたベルルッティのエ・ミーオ。まだ手元に届いて1ヶ月しか経っておりませんが、マインドに対する貢献度はナンバー1です。振り返ってみれば、サンダースのマッドガードも、マッキントッシュのトレンチコートも、このエ・ミーオを念頭に揃えたアイテムであることに気付きます。無駄がなく、シンプルなれど優雅な佇まい、華美ではないがうちに秘めた雰囲気を持つこのバッグを自分の理想と重ねています。この1年、そしてこれからしばらく、モノ選びはエ・ミーオを中心に回っていくことでしょう。

2013年は過去2~3年であらゆる面が補完された状態でスタートした1年でした。今年はその広げてきた範囲を一度見直し、自分らしさを求め、傾注したように感じます。この1年、ブランド背景やスペック、全体のバランスなどよりも、心の琴線に触れるモノ選びを優先してきました。それは悪く言えば頭の悪いモノの選び方に逆戻りした感もありますが、今ならそれでもいいのだと感じています。これだけ身の回りのモノが揃い、不自由の無い中で、これから残っていくモノは思い入れや愛着に他ならないのですから。

 

そんなこんなで、今年はブログを引っ越して心機一転、試行錯誤しながら綴ってまいりましたが、おかげさまで私にとって収穫の多い1年となりました。これもすべてこのブログをご覧いただいている皆様のおかげと感謝しております。

今年1年間、相変わらずの拙いブログにお付き合いをいただき、本当にありがとうございました。どうか皆様、良い年をお迎えください。皆様にとって今年以上に来年が素晴らしい年になりますように願っております。

それでは、また来年!

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • オボイスト

    gohkitiさん、こんばんは!
    今年も残すところ数時間となってしまいました、紅白を見流しながらゆっくり過ごしております(^^)

    さあ、今年も楽しみにしていたgohkitiアワード、どれも納得のランクインですね!
    マッキントッシュとベルルッティは私の中でも特に深く印象に残っていた逸品です、なんだか私も勝手に嬉しい^ ^笑

    細々と始めた私のブログもgohkitiさん等先輩方のおかげで、楽しく続けられて9月に1周年を迎えることが出来ました。来年も変わらぬお付き合いを続けさせて頂ければ幸いです^ ^

    良いお年を!

  • オボイストさん、あけましておめでとうございます!
    オボイストさんのブログに年末最後のあいさつをしようと思っていたのですが、
    思いがけず先にメッセージをいただいてしまい、申し訳ございません。

    マッキントッシュとベルルッティはこれからの道標になるような気がしており、
    モノ選びのスペシャリスト(と私は勝手に尊敬しています)のオボイストさんの
    印象に残していただいたなら、進む道に間違いはなさそうです(^^)。
    昨年はオボイストさんのコメントに救われた部分がたくさんあり、
    最も仲良くさせていただいたブロガーさんです。
    改めてお礼を申し上げますと共に、今年もなお一層お付き合いのほど
    よろしくお願いいたします!

    それにしてもオボイストさんのブログはまだ1周年なんですね!?
    少なくとも3年は続けていらっしゃる印象のブログ(失礼)、
    一愛読者として昨年以上に今後の更新を楽しみにしております!
    今年はまずはオーダー靴の完成が控えておりますね。
    私事のように今か今かとうずうずしております(笑)。

  • シロ

    gohkitiさん、こんにちは!
    「シロ散財記」のシロです。いつもご訪問・コメント頂き、有難う御座います。
    たまたまgohkitiさんのブログにたどりつき、嬉しくなりコメントしてしまいました笑
    第一位、すばらしい鞄ですね!職人がE Mio!と言うのも頷けます。僕も薄茶の鞄を愛用しており、最初はスーツや靴との色合わせに苦心していましたが、最近では気にならなくなってきました。怠け癖がついてしまったのかもしれませんが、いや、鞄がやっと自分の物になったんだ、と納得するようにしています笑。
    少しずつ過去のエントリーも読んで勉強させて頂きたく、今後とも宜しくお願い致します!

  • シロさん!?うわぁ~!ご訪問いただきありがとうございます!!
    恥ずかしいので言い出せずに来ましたが、実は細々とやっておりました(苦笑)。
    しかし、まさかシロさんの方から来ていただけるとは・・・。
    しかもオボイストさんのブログからとはこれまた嬉しい限りです(^^)。

    シロさんが興味を示していただいたE Mio、実を申せば2012年にシロさんが
    Sac a Depecheをご購入されているのを拝見したのがすべての始まりでした。
    「自分も若いうちからあんな上質なカバンを持ちたい!」という衝動に駆られ、
    以前からずっと心の隅にあったE Mioを本格的に考えるようになりまして。
    カラーも、靴との相性を考えるとダークブラウンになってしまうのですが、
    シロさんのSac a Depecheのライトブラウンを選ばれているのを拝見し、
    カバンなら多少明るくても大丈夫、と感じることができ、躊躇せずキャラメロを
    選ぶことができました。
    そんなシロさんからこうしてコメントをいただけるとは、不思議な感じがしています。
    この場を借りて感謝申し上げますm(_ _)m。

    いえいえ!私のエントリなどとても参考になる代物ではありませんが、
    今後もぜひ情報交換などさせていただければと。どうぞよろしくお願いいたします!

  • シロ

    まさか自分の記事がきっかけになっていたとは…!
    なんだか嬉しいやら恥ずかしいやらです、、
    とはいえ、gohkitiさんが考え抜いて、思い続けて購入に踏み切ったのですから、
    その意思の強さにただただ、拍手です!
    思えば、僕も清水の舞台から飛び降りるような気持ちで手にした鞄ですが
    今ではぞんざいな扱いのせいで薄汚れてきてしまっております。
    久々にクリーニング&保湿をして大事にしてやらねば、
    とgohkitiさんの記事を見て思いました。
    gohkitiさんの過去エントリー、どれも魅力的で物欲がそそられてしまいます笑
    僕の拙いブログ内にリンクを貼らせて頂いても宜しいでしょうか?

  • シロさん、こちらの方こそよろしくお願いいたします!
    当ブログにもぜひリンクを張らせてください。
    シロさんのワードローブはRRLやベルルッティなど、魅力溢れるアイテムばかりで
    私にとってはまさに垂涎モノ、いつも更新を羨望の眼差しで見つめております。
    お互い清水カバンを大切にしていきましょうね!(笑)
    これからもどうかよろしくお願いいたします(^^)。