雨雪で抜けた革靴の水分はデリケートクリームで補う

雨や雪の日に履いた革靴のケア

先月は雨やら雪やら、よく降りましたね。悪路こそ真価を発揮する靴もあり、そんな靴にとっては「いざ鎌倉!」なわけですが、雨に打たれた靴は水分や油分を失っており、放っておけばひび割れやカビの原因にもなりますので、奉公した分それなりの加俸・・・ではなくケアが必要です。

私も、とにかくカビだけは怖いので、脱いだらすぐに乾いたタオルで表面の水滴を拭き取り、コバや靴底の汚れも入念に落として陰干ししていますが、その後は忙しさにかまけてブラッシングのみで済ませていました。3月に入り、ようやく時間に余裕もできたで、きちんと手入れをすることに。

雨に打たれた靴はラバーソールとブーツが中心。悪天候には頻出のTricker’s(トリッカーズ)やChurch’s(チャーチ)の他、雨の日には余り顔を出さないJohn Lobb(ジョンロブ)やAlden(オールデン)の姿も。どちらもブーツですからね、悪路こそ出番だと思って履きました(もちろん戦々恐々と・・・)。

 

悪路に履いた靴は油分だけでなく水分も抜ける

悪天候でも構わず履く靴は定期的にクリームを入れていますので、ちょっと雨に打たれたくらいでは全然平気なのですが、普段は天候を選んで履く靴にとっては、雨や雪は少々堪えたのかも知れません。

 

20140302-22

 

ジョンロブのJodhpur(ジョドファー)を見てみると表面が乾燥で白っぽく映ります。それゆえ、カーフの透明感が失われ、ミスティカーフのムラ感が伝わってきません。油分だけでなく、水分まで失われているようです。

 

油性クリームでは補えない水分はデリケートクリームで補う

このまま履くとひび割れが怖いので、久しぶりにデリケートクリームを塗布することに。デイリーケアにはそれほど必要のないデリケートクリームですが、時間に余裕がある時に、思い出したように塗布しています。サボテンの水やりと同じで、与えるのは時々でいい気がしています。

 

20140302-23

 

デリケートクリームはポリッシュを落とす(溶かす)ので、銀面磨きをしている場合は注意が必要です。また、デリケートクリームの付け過ぎは革を柔らかくし過ぎることもあるので、使い過ぎにも注意。とは言え、このDasco(ダスコ)のデリケートクリームは大昔に買ってまだ使い切っていないので、私の場合は使わな過ぎなのかも知れませんが。

軽く布に取り、塗り込んでいくとグングン革に吸い込まれていきました(まるでお酒を飲み過ぎた翌朝の、水を欲する自分を見るよう・・・)。思った以上に乾燥していたようなので、何度か重ね塗り。

水分補給後は油性クリームで油分を補い閉じ込める

デリケートクリームで水分補給したのち、Saphir Noir(サフィールノアール)CREME 1925(クレム1925)で今度は油分を補給。フェイシャルクリームと一緒で、ある程度水分がないとクリームも浸透しにくいですね。デリケートクリームでケアした後は普段よりなじみが早いです。油分で水分を閉じ込めるイメージで塗布しています。

 

雨に直接触れたレザーソールもしっかりケア

雨や雪の中を歩き、アッパーより乾燥気味のレザーソールもケア。Tapir(タピール)Leder Sohlen Pelege(レザーソールオイル)で潤した後、有色クリームでコバと靴底の色を補色しながら塗り込んでいきました。

 

201440305-01

 

個人的にレザーソールのケアは履き心地にも影響が出るので結構重要だと思っています。コバも削れたままにしておくとみすぼらしいですしね。普段から有色クリームをアッパーに塗るついでにソールにも塗布するだけですので、手入れも簡単ですし、オールソールすると高いですから、日頃からケアしておかない理由はありません。

 

集中ケアの成果と恩恵

あとはいつも通り、入念なブラッシングとストッキング磨き。こんな感じで2日かけてのんびりと。集中ケアした後の仕上がり具合はこんな感じになりました。

 

20140302-24

 

ミスティカーフ本来の透明感とムラ感を取り戻しました。

最近は新しいモノへの購買意欲が湧かない代わりに、メンテナンス熱が上がってきております。一つひとつ眺めては状態を確認、必要に応じてリペアやクリーニングなど、コツコツ手入れをする日々。買い物していない割にちょこちょことお金が出ていくのですが、3月は季節的に手入れのしやすい時期ですし、春に向けての準備も兼ねて、保有するモノと向き合ってみるのもいいな、と思ったりしています。

(2014.03.08 文章一部加筆しました)

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • オボイストさんより(システムエラーにより転記)

    gohkitiさん、こんばんは!
    私も最近ブログ読者の方からのアドバイスを受けて、デリケートクリームの必要性について考えていたところでしたので、大変勉強になるエントリーでした(^^)
    悪天候にジョンロブのジョドファー、思わず背筋も伸びそう(^^
    ゆっくりと手持ちのものと向き合う時間、大切ですよね。私も休みは大抵一人で過ごすことが多いので、よくモノのメンテナンスなど、しています。gohkitiさんのジョドファーも非常に美しい仕上がり!
    ところで、今回のエントリーはやはり先日手にされた新たなカメラでの撮影でしょうか?
    私は今はとりあえずマリメッコのリュックにインナークッションを入れて一眼レフを持ち歩くのが休日のスタイルとして定着しつつありますが、やはり時々は他のバッグも持ちたいし、カメラの大きさに悩むこともあります。
    また使い勝手など、是非教えてくださいね(^^)!

  • オボイストさん、こんにちは!

    デリケートクリーム、私もホント時々ですが、クリームの乗りが悪い時とか、
    乾燥してるなって感じた時だけ使っています。
    以前クリームの付け過ぎで余分な革に残っちゃったりしたことがあるので、
    デリケートクリームで潤してからクリームを乗せるとスムースなんですよね(^^)。

    さて、カメラの件、なるほどマリメッコのリュックでもそう感じますか。
    私もトートバッグの中の大半を占拠されてしまって悩んだ末の答えです。
    実はお察しの通り、今回のエントリはGRでの撮影です(^^)。
    Photoshopで修正の必要が無いほど、なかなかきれいに撮れていました(特にアップ)。
    後は腕だけですね・・・頑張ります。

    何よりTUMIのポケットに入るのはポイントが高かったです。もうどこへでも持っていけますから。
    やっぱり一眼レフは手放せませんが、60DとGR、上手く棲み分けはできると踏んでいます。
    散々悩みましたが結果購入して良かったです。悪魔のささやきではありませんが、オススメです(^^;)
    少しずつ慣れてきたら使い勝手など、またご報告させてください!

  • シロさんより(システムエラーにより転記)

    gohkitiさん、こんにちは!
    雨の中、酷使してくたびれた靴にクリームを塗り込むと
    ガブ飲みするが如く吸収していくので面白いですよね!
    しかしジョドファー、格好良いですね~。
    皴の入り方がほぼ左右対称である事からも革の良さが伝わってきます。
    ついつい鏡面磨きをしたくなってしまう質感です!
    写真が大きくなって、じーっくり見られるのでオタクとしては凄く嬉しいです!(笑)

  • シロさん、こんばんは!
    コメント欄がうまく機能しておりませんで、2度もコメントを打っていただいてしまい
    本当に申し訳ございませんでした。2件とも無事に届いております(^^)。

    デリケートクリームはたまに塗ると面白いくらい、いくらでも吸い込んでいきますよね(^^;)。
    革は本当に良い革ですし、きちんと手入れしなければせっかくのムラ感が台無しだなぁと
    反省していました。手をかけた分答えてくれる革なのでもっと大事にしなければいけませんね。
    こうしてしっかりメンテナンスもして、シロさんにも褒めていただき、嬉しい限り!

    写真が大きい分、文章も書かなければバランスが悪く、どうも冗長気味でしたので
    レイアウトを戻そうかなぁと思っていたところでした。そういってもらえてうれしいです!
    これからは文章控えめ、写真押しでいこうかと思っています(苦笑)。