リジッドデニムを洗う

ファッション

初めてのリジッドデニムの洗濯

かれこれ購入から2年が経過したA.P.C.New Standard

これまで何も手を施さずに履き続けたため、嫁さんに「臭い!」と言われ続け、最近になりとうとう根負けして、初めてリジッドデニムを洗うことに。

 

20140713-22

(洗う前のバックポケット周辺)

このNew Standardに限って言えば洗うことは全くの想定外でした。

リジッドデニムのある意味ペタッとした手触りや張り・コシが気に入っていましたし、洗ってしまうことでその風合いが変わってしまうことにかなりの抵抗もありました。

そもそも洗って色落ちや縮みを楽しむのなら裾の処理もチェーンステッチにしたのですが、当時はその気が全くなかったので、裾の処理もスラックスと同じ処理でお願いしていましたし、丈も縮みを考慮せずぴったりで詰めていました。

(余談ですが、A.P.C.ではこのNew Standardについて、いわゆるデニムの経時変化を楽しむという感じでは押していない様子で、チェーンステッチでの処理をお願いしたところ、A.P.C.でのデフォルトは普通の処理です、と言われたことを記憶しています。)

 

20140713-23

(洗う前のひざ裏周辺)

さて、ぶつくさ言っていても嫁さんのプレッシャーはきつくなる一方なので、いざ覚悟を決めて、バスタブに水を張り、色落ち防止のため食塩と若干のエマールを投下。

「ええぃ、ままよ!」

 

20140713-24

(バスタブにイン!)

後は野となれ山となれ・・・ですね。

 

20140713-25

(ジワジワ浮く汚れ)

時間を置いてひっくり返し、さらに浸けること小一時間。

最後に撫でるように手で表面を洗いながら、丁寧に水を切り洗濯機で脱水。

 

20140713-26

(浮き立った汚れ)

水が黄色いのは・・・やはり汗や皮脂汚れなんでしょうか?ちょっと引きますね(汗)。

心配だった縮みは、逆さに干したり乾き切る前にしっかり伸ばしたりしたおかげでツンツルテンにならずに済みました。恐らく防縮加工が施されているのでしょう。

一方、生地についてはインディゴはそれほど抜けなかったものの、幾分ゴワッとした風合いになりました。若干ですが洗剤を入れたから、その分油分も抜けてしまったのでしょう。覚悟はしていましたが今となっては名残惜しいです。

洗剤は入れずに水洗いだけで洗えば良かったのかなぁとか、水で洗わずにクリーニングに出せばよかったかなぁとか、悶々と考えてしまいますが、何事も経験、と割り切っていこうと思います。

ちなみに、夏のデニムは履くと汗で臭いも気になり、洗うたびに風合いも変化してしまうので、以前「夏はジーンズを避けてチノパン中心で」なんて書きましたが、一度洗ってしまったら気にならなくなるものですね。

これもリジッドデニムを洗ったことによるある種の収穫でしょうか。だいぶ神経質に考えていたようです。

 

さて、別の日。

20140713-27

(丈詰め前の糊落とし)

早く履きたくて、週末を使い先日購入したばかりのDouble RL(RRL)ホワイトデニムパンツも糊落としのためバスタブに。

洗い上がりを比べてみると、デニムによって洗い上がりの風合いに差があるのは面白い。

早速週明けに丈詰めに出そうと思います。こちらは8mmのチェーンステッチの予定。

早く履き回したく、今から楽しみで仕方がありません。

 

(追記:2014年7月14日 0:35)

Twitterでkouさん(@kou_nn)に「水が黄色くなるのはインディゴの染料」と教えていただきました。水が黄色いのは自分の汗や皮脂汚れが原因と思い、ドン引きしておりましたが、安心しました。kouさんありがとうございます!

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • kazamashunsuke

    はじめまして。kazamashunsukeと申します。
    私もAPCのデニムを洗うか迷っており、凄くタイムリーな投稿でしたので、初めてコメント致します。

    私も裾をチェーンステッチにせずに丈上げして履いていたのですが、洗おうと思うと、裾の処理が気になり始めました。(ちなみに洗おうと思ったきっかけは家人からのクレームです。)
    そこで洗う前に、馴染みの直し屋に裾を改めてチェーンステッチにしてもらうようお願いしました。直し屋のおばちゃんには何で直すの?と言われましたが(笑)。

    それで裾直しを待つ間、良い製品かどうか分かりませんが、laundressのdenim washを買い、洗う準備を整えました。巷の評判では履き味が柔らかくなってしまうそうですが、いい匂いになるそうなので、家人からのウケはいいのかなと。。

    以前投稿されていたバブアーもそうですが、ワークとかミリタリーに関する男性のこだわりは、女性にはウケが悪いのかもしれませんね。。

    さて最後となりましたが、私のブログ(http://killingtimetodeath.blogspot.jp/)からgohkitiさんのブログにリンクを貼りたいのですが、宜しいでしょうか?。
    宜しくお願い致します。

  • kazamashunsukeさん、はじめまして。お越しいただきありがとうございます!

    A.P.C.のデニム、そしてkazamaさんも奥様からクレーム・・・まさに同朋ですね!(苦笑)
    裾の処理のやり直しをされた気持ち、とーっても良く分かります。私も洗う前、裾の処理をやり直すべきか悩みまして、結局面倒くさくてやめましたがいずれ差として出てくるような気がしています。
    洗剤も悩んだ末、そうしょっちゅう洗うことは無いので、とエマールでしたが、laundressのdenim wash・・・気になります。ぜひ使用感などを教えて下さい。

    あ、リンクの件、ぜひぜひお願いいたします!嬉しいです(^^)
    もしよろしければ相互リンクさせてください。

    私は、今さらながらようやくデニムの奥深さを痛感しており、男性がこだわる理由も何となく知れた気がしています。
    これからもお互い家人の厳しいプレッシャーを潜り抜ける術について・・・もとい、男のこだわり等について情報共有させていただければ嬉しく思います。
    近くkazamaさんのブログに遊びに行かせていただきます。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

  • シロ

    gohkitiさん、こんにちは!
    リジットデニムの初Wash、おめでとうございます(?)!
    黄色くなった水を見てびっくりしてしまいましたが、インディゴの
    染料の色なんですね笑!しかしデニムも手洗いとは…素晴らしい
    デニム愛です。無精者の僕はいつも無頓着に洗濯機にぶち込んでしまうので
    見習わねばなりませんね。せめて、ドレスシャツくらいは手洗いに移行しようか
    と思うのですが、なかなか実行に移せません。汗

  • シロさん、こんばんは!あっ、ありがとうございます!(?)

    私も初めてのことで驚いて余りの汚れにドン引きしたのですが、インディゴの染料と、別の方に糊のせいもあると伺い合点がいきました。
    また、臭いは冷凍庫に入れると取れるとか、目から鱗なお話を伺い、デニムを愛する人々の発想と努力、デニムの奥深さに感嘆した次第です。

    あ、手洗いにしたのは、初めどれくらい浸ければいいか要領を得なかったので、バスタブで様子を見ながら恐る恐る洗ったためです。デニム愛などまだまだヒヨッ子です。。。
    シャツの手洗い、これは靴磨きくらいハマりますよ!
    とは言え、最近の私は暑さに感け、BROOKSCOOLの便利さに甘えてしまい、もっぱら洗濯機洗いがメインになってしまっておりますが(苦笑)
    シロさん、素晴らしいイタリアンメイドの手縫いシャツがたくさんありますし、アイロン掛けも滑りが違うので一度お試しを(^^)。