ブーツ

【BUY】WOLVERINE(ウルヴァリン)/1000 Mile Boots(W05848)

ワークブーツへの憧れと共にこれまでレッドウィング、ホワイツと実際に手にしては直面してきたのがフィッティングの問題。足幅をはじめとするホールド感への疑問が常にあり、一時「ワークブーツはそういうもの」と理解したつもりでしたが、それからというものすっかりワークブーツから遠のいておりました。

続きを読む

WorkBoots Days

5月1日~4日までは主に外出、5日~6日は休日ボケ解消に身の回りの片付け、といった具合に過ごし、連休中の棚卸の一環で今ブログを書いています。連休中の出来事は取るに足らないことばかりなので割愛しますが、最近ワークブーツブーム熱が再燃しており、ゴールデンウィーク中はワークブーツばかり履いていました。

続きを読む

ブーツの昂揚感と無敵感と・・・。

この夏、ベンチ入りしながら出番のなかったブーツたちが「監督、そろそろ俺らの出番じゃね?」って言うので、よーしそれなら仕上がり具合を確認してやるって言って、ウォームアップ代わりにクリーム入れようと思ったら・・・レザーは十分過ぎるほど油分を含んでおり準備万端でした。

続きを読む

スーツの復権、ブーツの帰還

現在手持ちのスーツですが、パンツの仕上げの違いで大きく2タイプに分かれています。1つは膝下ストレートのハーフクッション、もう1つは裾にかけてテーパードを効かせたノークッション。後者のスーツはドレスブーツ専用として着用しています。とは言え、手持ちのドレスブーツはたったこの2足。それがチェルシーブーツとジョドファーです。

続きを読む

WOLVERINE(ウルヴァリン)1000マイルブーツの成長を待ち焦がれて

先日の箱根旅行にも履いて出掛けたWOLVERINE(ウルヴァリン)の1000 Mile Boots(W05848)。芦ノ湖周辺の石畳にはダブルソールでダイナイトソールをマウントしたTricker’s(トリッカーズ)カントリーブーツの方がより安定感があるはずなんですが、冬に入ってからは俄然1000マイルブーツを育てたい欲求が強くなっています。

続きを読む

J.M.Weston #705 チェルシーブーツのジレンマ

この冬はかなり履いたJ.M.Weston(ジェイエムウエストン)#705(チェルシーブーツ)。今季は雨でも雪でも気にせず履いたのですが、結果としてチェルシーブーツの良さを再認識しました。雪の日もこの通り、アッパーが水を弾き、油分をしっかり含んだ極上の革だということを実感

続きを読む

1