【BUY】いざプレーントゥの世界へ ALDEN(オールデン)/Plain Toe Blucher Oxford (#93911)

去年から購入も検討していたプレーントゥ。

最近ではアメカジ志向が強くなってきたことで候補の中でも最有力に。

プレーントゥといえば代表格はChurch’s(チャーチ)のShannon(シャノン)か

ALDEN(オールデン)辺りですが、今ではすっかりオールデンに傾いており。

さてそのオールデン、基本的にカラーは#8(バーガンディ)が一番好きなのですが、

 

20120818-2.jpg

所有する靴すべてが#8なもので、同じコードヴァンでも他のカラーも楽しみたい。

かねてから、次はブラックが渋くていいな、と密かに考えていたのですが、

長いこと考えて最終的にこちらに決定しました。

 

20120821-2.jpg

from San Francisco・・・。

 

20120821-3.jpg
  • ALDEN/Plain Toe Blucher Oxford (#93911)
  • Size:6
  • Width:D
  • Color:Cigar
  • Sole:Double Leather Sole
  • Last:Barrie Last

Cigar(シガー)コードヴァンのプレーントゥです。

特段希少カラーにこだわったわけではないのですが、

(希少と言いながらシガーは探せば結構ありますし、希少と呼ぶべきかわかりませんが)

シガーならどんな装いでも合わせやすく、またシワがとても映えるため、

せっかくプレーントゥにするならこれだな、と。

 

20120821-4.jpg

ヒールはかなり低く、スマートに見せようという気なんてさらさらないようで(笑)。

一枚革が贅沢に使われていて、とてもシンプルなデザイン。

自分がプレーントゥの外羽根靴を手にするとは、少し前なら考えられなかったですが、

今ではシンプルで素朴なモノに対しても少しずつ関心が・・・。成長か、単に齢のせいか。

 

20120821-5.jpg

ダブルレザーソールにウェルトでかなり堅牢な作り。

この枯れた色とコードヴァン特有の光沢の組み合わせに心躍ります。

プレーントゥのシワの入り方や新たなスタイリングへの広がりなどを考えると

無性にワクワクしてきます。

 

20120821-6.jpg

しかし、やはりシワが入っていないと野暮ったくてダサいですね。

これまでプレーントゥに手が出なかったのも新品の状態がカッコ悪いからなのですが、

プレーントゥは履いてシワで表情を作ってこその靴なのでしょう。

余談ですが、バリーラスト、実は初めてなんじゃないかという疑惑が・・・(あれ~?)。

 

さて、今回はThe Alden Shop of San Franciscoでオーダーしました。

半年前、サンフランシスコ出張の際は在庫がなく残念な思いをしましたが、

英語の怪しい東洋人に対しても真摯に対応していただき、再度お世話になりたく(照)。

Shipping Chargesが高いと言われる同店ですが、気にせず注文したら、

さり気なく下2桁の端数を丸めてくれました(ありがたや~)。

 

ブーツと違い、オンオフ・季節も問わず履けますので、貧乏性の自分にとって

この汎用性(・・・また言ってる)は嬉しく、投資効果も高いかと。

結局買っても履く機会が少ないと、やはり可愛そうですしね。 >

 

20120821-7.jpg

お盆を過ぎて日が沈むのも幾分早くなってきました。

本当は着用している姿の写真も撮りたかったのですが、平日の夕方では陽が短く

週末に改めて撮影できれば、と。

 

まずは秋冬に向けて幸先の良い第一歩 。

さぁ次は、これに合うジーンズかカーゴパンツ辺りをじっくり探そうと思います。

長文にお付き合いいただきありがとうございました!

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • ポウルセン

     gohkitiさん 

     これはかっこいい!!シガーは足元で大人の男だからこその輝きを放ちそうです。最後から2枚目の真上アングル、良い表情^^

     シガーのブルーチャーってこんなに魅力的なんですね~

     赤みがかって見えるコバ、ウェルト周辺のナチュラルさがまた独特ですよね。

     こうなるとラヴェッロのオールデンも履いてみたくなりませんか^^;僕もそんな感じですがなかなか機会がありません。。。

     #93911 っていうんですか~

     なんて覚えにくい型番でしょうー!

  • mohikan

    gohkitiさん こんにちは!

    何をオーダーされたのか とても楽しみにしておりました、かっこいいですね~。

    海外ならシガーは意外に出回ってるとは知りませんでした、希少色の中でも濃いめだから比較的作りやすいってことなんですかね?

    これ見ちゃうと やっぱりコードバンを楽しむならプレーントゥしかない!と私も盛り上がってきてしまいました。

    今後の経過も是非レポートしていただきたいと期待しております。

  • gohkiti

    ポウルセンさん、こんばんは!
    いつもコメントありがとうございます!

    ポウルセンさんやtkjさんがシガーのチャッカブーツをお持ちで、
    あの色とシワが本当に素敵だなぁと思っていたので、
    欲しかったプレーントゥでシガーを手にできてすごく幸せです^-^。
    おっしゃるように、コバの辺りの赤味がかった部分とアッパーのコントラストとか、
    単にダークブラウンと言い現わせないコードヴァンならではの艶など、
    何気ないことですが、すごく新鮮で、手にできた喜びを感じています。
    はい、こうなるとラヴェッロ、俄然興味が湧いており・・・(笑)。
    ウィスキーとラヴェッロは明るい色なので、決断には恐らくシガー以上に
    慎重に検討すると思いますが、そうこうしているうちに品切れでしょうね(苦笑)。
    今日、履いて出勤しましたが、ダブルソールなのにこの快適さ!
    ハワイに行かない年に限ってオールデンブームが到来の予感です・・・。

  • gohkiti

    mohikanさん、こんばんは!
    おかげさまで念願叶い、先日無事に届きました!

    そうですね、私の知る限り今回お世話になったThe Olden Shop San Franciscoも
    Alden of Camelもシガーは比較的在庫がありますし(定番品が中心ですけど)、
    Leather Soulでも先日シガーのブーツが出てましたし(即完売だったみたいですが)、
    おっしゃるように色も濃い分、結構流通はあるのかもしれません。

    mohikanさんは9月にハワイへ行かれるので、ぜひぜひLeather Soulで
    オールデンGet!して来て下さい^-^。
    個人輸入がいくら安いと言っても送料や関税は馬鹿になりませんし、
    とても思い出深い一足になると思います。
    Leather Soulで買い物されるならアロハストリートのクーポン券を持参すると
    おそらくシューホーンがもらえますのでお忘れなく。
    http://www.aloha-street.com/shopping/coupon/7060/
    私は4年前にオールデンを購入した際はオールデンの金のシューホーン、
    昨年のジョンロブオーダー時はレザーソールの革製シューホーン(大・小)をいただきましたよ♪

  • mohikan

    gohkitiさん 度々おじゃまいたします。

    耳よりな情報ありがとうございます。
    妻も私もクーポンがあるとは知らず昨夜は行きたいお店のクーポンはないか血眼になって探しておりました。忘れずに提示したいと思います。

    ところでレザーソールのオールデンですが 昨年gohkitiさんが行かれた時、お店のサイトに出ている以外に定番品などは置いてありましたでしょうか?

    憶えていらしたらで良いので教えて頂けたら幸いです。

  • gohkiti

    mohikanさん、こんばんは!

    昨年の感じですが、ホームページにない定番もありました。
    ただ、定番品も含めコードヴァンは全体的に品薄だったように思います。
    店頭にディスプレイされているのもカーフのモノが多かったですね。

    Leather Soulは別注品が多いため、ディスプレイは様々な種類がありますが、
    回転率がとても高いらしく、サイズは結構まばらな感じはします。
    また、9月ですと夏休み明けで買いまくられて全体的に品薄かもしれません。
    いくつか候補を挙げてサイズがあれば御の字と言った感じでしょうか。

    もし気になるものがあれば事前に問い合わせをして、キープしてもらえるか
    聞いてみてもよろしいかな、と思います。
    回転が早いので難しいかもしれませんが、もし必ず購入するつもりのモノであれば
    先にカードで支払いを済ませて、現地で引き取れば関税も送料もかからないですし、
    お店にも迷惑はかけないかなぁと。

    私も現地に行くまで自分に合うサイズの琴線に触れる靴が残っているか不安でした。
    旅行に合わせ在庫があるかについては、こればかりはめぐりあわせでしょうが、
    思い出に残る1足(いや2足でも3足でも!)が手に入ることを祈っています!