投資・マネー

【投資】2022年7月の資産運用の状況(前月比+2.84%・最高値更新)PFの安定感を再評価

投資・マネー

自分が投資と距離を置くときは決まって株価は堅調でして、例に漏れず7月は4カ月ぶりに過去最高益を達成しました。2022年7月は月末に円高に振れたものの、その影響はさほど感じさせることなく、前月比で+2.84%とプラスに転じ、3月末につけた最高値を更新しました。3月の最高値と比べても+2.47%上昇しています。

続きを読む

【投資】米国株:数年ぶりに大好きなハネウェル・インターナショナル(HON)を買い増し 

投資・マネー

久しぶりに大好きなハネウェル・インターナショナル(HON)を購入しました。HONは米国大手総合テクノロジー企業で、エアロスペース、自動コントロール、特殊素材、輸送機器で事業構成するコングロマリットです。今回の買い増しにより、HONは11位、ポートフォリオの5.78%を占めています。

続きを読む

【投資】2022年6月の資産運用の状況(前月比+1.27%)上半期中に年間目標を1つ達成しました

投資・マネー

2022年6月は前月比で+1.27%とプラスに転じましたが、ボーナスによる資金流入や為替の影響によるところが大きく、素直に喜べる結果ではありません。3月末につけた最高値からは▲0.36%と肉薄しています。不動産バブルが弾けそうな予感がしており、その場合の影響について考えを巡らせて今から備えたいと考えています。

続きを読む

【投資】米国株:理想のポートフォリオ完成に向けて3Mとホームデポを買い増し 

投資・マネー

前日にFRBが0.75%の利上げを発表し、これからまだまだ大幅利上げが続き、株価も下落するであろうという局面での購入となり、「今買うなんてw」と嘲笑されそうですが、自分の中の投資ルールに従い規律を持って機械的に買い増しを続けています。 今回購入したのは、コア銘柄10種のホームデポ(HD)とスリーエム(MMM)の2銘柄。 

続きを読む

【投資】2022年5月の資産運用の状況(前月比▲0.73%)規律を持って粛々と株を買い集める

投資・マネー

022年5月は前月比で▲0.73%と続落。3月末につけた最高値からは▲1.61%下に位置します。株価も総資産もヨコヨコですが、株数は毎月の買い増しで確実に増えています。相場の上昇局面には一気に火を噴いてくれることを願いながら、安値をコツコツ拾って確実に株数を増やしていきたいと思います。

続きを読む

【投資】米国株:規律を持って落ちるナイフを掴みに行く。AZEK、BLK、NKEを買い増し

投資・マネー

年初からの株価下落に、脊髄反射的に買いを入れていた一般投資家の鼻息もだいぶ小さくなってきました。玉切れか、はたまた諦めか・・・。切り替えの早い人は早々に「Sell in May」で株を手じまいし、買い手がいなくなったことで益々売り圧力が増して、更に下落幅が大きくなっているように感じます。 そんな中で今月も第3木曜日となり、投資の日を迎えました。落ちるナイフを…

続きを読む

【投資】2022年4月の資産運用の状況(前月比▲0.89%)下落相場でも積極果敢に2銘柄追加

投資・マネー

「Sell in May」なんて言われる5月に入りました。パフォーマンスが悪い時期を避けるため、5月に株を売って相場から離れろ、という格言ですが、イマイチ理解ができておりません。長期投資家にとってはパフォーマンスが悪いなら安く仕込める絶好のチャンスだと思うのですが・・・?

続きを読む

東海カーボン(5301)から初めての株主優待はWeb申込限定の赤ワインをチョイス

投資・マネー

カタログギフトには、Web限定の特典として「カタログ掲載商品21点を含んだ41点の豊富なアイテムからお選びいただけます。」とあり、各価格帯でカタログにはない20点が存在するとのこと。Webページを覗いてみると、なかなか良さそうなワインを見つけました。太田酒造の朝柄野ワイン「シャトーコートドビワ」720mlの赤ワイン。

続きを読む

【投資】米国株:世界最大の動物向け製薬会社 ゾエティス(ZTS)を新規購入

投資・マネー

ゾエティスは、コンパニオンアニマル(ペット)や、牛・豚などの家畜動物用向けに医薬品やワクチンなどの製品・サービスを提供する世界最大の動物向け製薬メーカーです。ま先行き不透明な中で購入する銘柄を選ぶには、これらの影響を受けず、リスク管理がシンプルにでき、比較的安心して投資できる銘柄を、と考えZTSという結論に至りました。

続きを読む

【投資】米国株:個人向けAIオンライン融資プラットフォームのアップスタート(UPST)を新規購入

投資・マネー

FICOスコアに代わる個人信用分析ツールとして注目しておりましたが、如最近になり株価もだいぶ下げてきたため「そろそろ・・・」と思い指値注文を出していました。UPSTのビジネスは自らが信用リスクをとってローンを貸し出すわけではなく、信用リスクを負わず手数料を得るビジネスモデルです。

続きを読む

【投資】2022年3月の資産運用の状況(前月比+7.64%・最高値更新)強固なPFが機能を発揮!

投資・マネー

2022年3月は前月比で+7.64%となり、過去最高値を3カ月ぶりに更新しました。ロシア・ウクライナ問題、利上げ、リセッションとリスク要因はまだまだあり、今後しばらくは一進一退の相場が続くものと予想しておりますが、引き続きキャッシュ比率は一定をキープしながら愚直に買い増しをしていきます。

続きを読む

【投資】米国株:3月の定例買付はアゼク(AZEK)、ホームデポ(HD)とおまけでクルーズNCLH

投資・マネー

3月も第3木曜日を迎えましたので、投資ルールに従い株を売買しました。今回は2銘柄の買い増しですが、月初に新規で1銘柄打診買いをしておりましたので、併せてご紹介します。 さて、今回買い増ししたのは、ホームデポ(HD)とエイゼック(アゼク・AZEK)。それにノルウェージャン・クルーズ・ライン(NCLH)を新規購入しています。 HDはコア銘柄10種で最下位でしたの…

続きを読む

【投資】米国株:世界最大の資産運用会社、ブラックロック(BLK)を新規購入

投資・マネー

インフレ率、雇用統計、10年債利回りなど、指標と政策が複雑に絡み合って常に相場がギクシャクしており、値動きの荒い状況が続いていますが、2022年はずっとこんな調子で続くと考えると、いずれ市場の動向を追うこと自体辛くなるはずなので、しばらく安定株式に目を向けていこうかと。その意味でBLKはうってつけの銘柄だと感じます。

続きを読む

【投資】2022年2月の資産運用の状況(前月比▲1.70%)銘柄分散でPFに立つ波を打ち消し合う

投資・マネー

これまで通り淡々と買い増しを続けています。一本調子に上昇する銘柄なんてそうありませんし、そういった銘柄は常に割高。どの銘柄でも少なからず景気サイクルにより浮き沈みするのですから、バランス良く分散投資することでポートフォリオ全体に立つ波を極力抑えようと心掛けています。

続きを読む

【投資】米国株:2月の定例買付はスリーエム(MMM)と失望売りが続くペイパル(PYPL)

投資・マネー

今回買い増ししたのは、スリーエム(MMM)とペイパル(PYPL)。MMMコア銘柄10種で最下位でしたので機械的に買い増しただけですが、問題は前回の決算ガイダンスで失望売りを呼んだPYPLの買い増し。今回カンファレンスコールをしっかり確認し、自分なりに納得した上で、売却処分ではなく買い増しという判断を下しました。

続きを読む

1 2 3 4 5 >