【BUY】SusieSvelt(スージースヴェルト)/ラウンドウォレット

小物・アイテム

5年ぶりとなるお財布の買い替え

名古屋に工房を構えるSusieSvelt(スージースヴェルト)さんからラウンドウォレットが届きました。オボイストさんが奥様のためにオーダーし、プレゼントされたモノと同じ形の、こちらは既製品となります。

 

(SusieSvelt/ラウンドウォレット)

素材はドイツのタンナー・ワインハイム社のWAPRO LUX(ワープロラックス)を使用。いわゆる型押しレザーです。傷に強いとされるブライドルレザーでも結構目立ってしまった経験を踏まえ、次は型押しにしようと決めていました。

GLENROYAL/ROUND LONG PURSE(フラップ付長財布)の経時変化(5年目)
毎日使い続け、お互いに齢を重ねた相棒、そして・・・。購入から早5年が経過したGLENROYAL(グレンロイヤル)のROUND LONG PURSE(フラッ...

一言で「型押し」といっても、このワープロラックスは、例えばLouis Vuitton(ルイヴィトン)のような堅牢さとは疎遠な印象で、革は薄くしっとりとしていて、手の馴染みも良く、大変繊細な印象を受けます。

 

(柔らかくしっとりと手に馴染む革)

ワープロラックスは、生後約6ヶ月までの仔牛の皮から作られ、クローム鞣しされた革が使われています。

クローム鞣しはタンニン鞣しの革に比べて水を弾きやすく熱に強い特徴がありますが、一方でタンニン鞣し使い込むほどに「エイジングする(味わい深くなる)」のに対し、クローム鞣しは経時変化がゆっくりな一方で「劣化」という表現に近くなります。

しかし、ワープロラックスの場合、使い込むほどに少しずつ光沢感を帯びて艶っぽさを増してくる特徴を持つことから、HERMES(エルメス)をはじめとするハイブランドやEdward Green(エドワードグリーン)の靴などにも採用される大変人気高いの革です。

型押しレザーが全て堅牢と言うわけではないことは触れればすぐにわかります。これまでと同じような使い方では、きっとそのうち痛い目を見る気がしており、取り扱いには十分注意が必要です。

 

(内装は光沢感のあるスムースレザー)

内張りには、光沢感のあるスーペリアスムースレザーを使用。恐らくカードの出し入れによる摩擦なども配慮しての選択と思われます。繊細な印象のワープロラックスと比べ、内張りの革は張りがあり、しっかりとした印象。

 

(湾曲部分の薄さが若干気になる)

また、ファスナーはゴールドのYKK社製。最高級ファスナー「エクセラ」をラウンドファスナーだけでなくコインポケットのファスナーにも贅沢に採用しており、開閉もスムースです。

1点気になるのは、折り曲げ部分(背表紙に当たる箇所)。薄いワープロラックスの表革一枚のみでつながっており、触るとフカフカしてちょっと心許ない印象がします。

利用する上で薄く柔らかい方が開閉しやすいですし、お財布の特性と革の性質を熟知されているスージースヴェルトさんですので、耐久性は恐らく問題ないのでしょうが、この部分だけは革を重ねて厚みを増してくれると安心できる気がします。

 

(収納力も過不足のない作り)

カードポケットは合計8枚入ります。女性にとっては少し物足りないかもしれませんが、僕はGLENROYAL(グレンロイヤル)のROUND LONG PURSE(フラップ付長財布)の5枚までという制約に慣れてしまっており、かなり増えた印象。

身分証が2枚(運転免許証と健康保険証)とキャッシュカード、それにメインのクレジットカードとETCカード。う~ん、あとは・・・そのうち埋まるでしょう。

メインの2つの主室には、一方に紙幣を、もう一方にはこれまで入らなかった金券類が入りました。これでミッションコンプリートです。

 

(置いてあるだけで絵になる品の良さ)

オボイストさんのエントリーを拝見して、オーダーもイイなぁと思いましたが、残念ながら当面名古屋に行く機会にも恵まれそうになく、またスージースヴェルトさんも「オーダーにすると必要以上に割高になることもある」とおっしゃっており、こだわりのない僕には既製品でも充分なデザインと機能性を有していました。

お財布の中身が傷まない値ごろ感と、それ以上に十分過ぎる贅沢な素材、そしてスージースヴェルトさんの確かな作りに大変満足しています。(オボイストさん、ご紹介いただきありがとうございました!)

普段持ち歩くアイテムが変わると、気分もガラリと変わるものですが、特にお財布はお金の使い方や行動も意識が高くなる気がします。これまでチャリンチャリンとお財布から零れ落ちて貯まらなかったお金も、今度からはしっかりとジップされますので、しっかり貯まってくれると嬉しいなぁ。

いつか名古屋に行った際には、オボイストさんの案内でスージースヴェルトさんの工房にもお邪魔してみたいです。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • オボイスト

    gohkitiさん、ついにスージーさんのお財布を…! おめでとうございます♩ 記事を拝見して非常に興奮しました(^^)笑 ひとまず、実物を見てご満足とのことでホッとしました。ウェブショップで見ると、ブラックのワープロラックスでもジップ部分のファブリックが茶色だったので、「ここは男が使うならブラックが良いかな…」と勝手に思っていたのですが、gohkitiさんの買われた個体はまさにそのようになっていますね!

    確かに、スージーの革製品全般そうですが、「ガッチリ作り込まれて頑強」といういわゆるハンドメイド作品に多いイメージとは真逆で、品良く軽く、さり気ないエレガンスが漂っている感じがします。

    財布の背の部分の薄さについて、妻の財布を見てみました。革の素材がブッテーロだからなのか、フカフカは感じられませんでしたが、妻の財布をオーダーする際に見たワープロラックスの同型財布を触った印象、うろ覚えではありますがもう少し軽い、薄い印象がありましたので、言われてみれば気になる部分かもしれませんね。
    夫婦で切り盛りされている小さなアトリエですので、今後使われる中でもし何か故障などあれば、小回り良く対応してくれるとは思います(^^)

    もちろん名古屋に来られる際は私が色々ご案内しますし、私の方も今年は単身こっそりカバンのオーダーで東京へ行きたい、なんて考えてもいるところでございまして…事前にご相談させて頂くかもしれませんが、もしgohkitiさんのご都合が合えば是非お会いしましょう!

    • オボイストさん、こんばんは!
      そしてこのたびはご紹介をいただき、本当にありがとうございました!

      インターネットでの購入は心配が尽きませんが、オボイストさんのオススメとブログが
      後ろ支えになり、結果的に素晴らしいお財布に巡り合うことができました。
      背の部分は逆に硬い革だと、使い続けるとひび割れなどを起こるのかもしれませんから、
      いずれ僕の取り越し苦労だった、となるかもしれませんね。
      オーダーしたジャン・ルソーのウォッチベルトとの相性も意識して、品の良さがまさに
      ピッタリ合う予感がして早く横に並べたい気持ちでいます。
      つい触れていたくなるくらい馴染の良い革ですし、ジップの開閉も気持ちよく、
      見た目も品がありますから、お会計の際、お財布を取り出して開けるのが嬉しくなります。
      中身が入っていないと様にならないので、これからはきっとたくさんお金を貯めてくれる
      のではないか、と大いに期待しています。

      名古屋を訪れる機会があったら、その際はぜひご案内いただければ嬉しいです(^^)。
      実はボレロもお邪魔したいと考えていて、と言うのも最近ビスポーク熱が沸々と・・・。
      その時までしっかり貯金しておかなければ!