バブアー・オイルドコットンのリプルーフをやってみた!

ファッション

いざ、バブアーのリプルーフ挑戦!

雨の予報が外れ晴れ間も覗いた週末。天気も良いし何より暖かいので、かねてから計画していたBarbour(バブアー)のリプルーフを実施することにしました。嫁さんが洗濯を始めるとベランダが洗濯物で占拠されてしまうので時間との戦いでもあります。

(過去の記事・リプルーフ前の状態)

 

20140419-11

(リプルーフのための道具)

今回用意した道具がこちら。ソーンプルーフドレッシングの他、ドライヤー、ブラシ、スポンジに・・・一人用鍋プレート(?)。

ドライヤーは嫁さんがマイナスイオンドライヤーを貸してくれるはずもなく、独身時代にずっと使っていたドライヤーを引っ張り出しました。また、リプルーフの際、台所とベランダの往復はしんどいと思い、こちらも独身時代に愛用していた一人用鍋プレートを準備。ブラシは革靴の入門セットに入っていてほとんど使っていなかったモノ(靴用ですが気にしません)。なんでも大事に取って置くものですね!

それでは、早速作業開始です。

 

20140419-13

(その①:水拭きとホコリ落とし)

まずは濡れたスポンジで表面汚れのこすり落とし。黒ずみがスポンジに移っていましたからやはりそれなりに汚れていたのでしょう。

隅々まで拭いたところでハンガーに吊るして乾かし、その後一度ブラッシング。リプルーフ前に繊維くずが付着していると仕上がりも悪くなるので、細かいホコリなどは予めブラシで丹念に落としておきます。

 

20140419-14

(その②:オイルを湯煎で溶かす)

乾かしている間にソーンプルーフドレッシングを湯煎して準備。一人用鍋プレートがこんなところで役に立つなんて・・・。窓際でガスコンロを使うとカーテンに燃え移ったりする危険もありますが、これは電気プレートですから安心して作業できて超便利!

 

20140419-16

(その③:オイルを生地に塗り込む)

オイルが溶けたら布きれに取り、塗り込んでいきます。説明書には「塗るのではなく、生地に擦り込んでいく」と書いてありますが、湯煎したオイルは熱い上に、冷えるとどんどん固まってきますから時間との戦いです。

塗り込む範囲が広いのですが、横着して一気に伸ばそうと思ってもなかなかオイルは広がってくれません。擦り込む、という意味でも、範囲を広げ過ぎずクルクル塗り込んで徐々に広げていく、という地道な作業を強いられます。

厄介だったのは袖。立体的になっているので、袖を上げ下げしているうちにあちこちにオイルに付いてしまいます。袖の内側に手を入れて生地を広げると塗りやすいのですが、袖の内側にオイルをつけてしまう恐れもあるので要注意です。

オイルが抜けて白くなった際(きわ)の部分と生地の縫い目は特に入念にオイルを入れました。

 

20140419-17

(その④:オイルを伸ばす)

最後にドライヤーを当てて、オイルを柔らかくしながらブラシで伸ばしていきます。実 大久保さんにもアドバイスをいただきましたが、ブラッシングで伸ばしていくと生地への浸透も早く、ムラなくオイルを広げることができます。

ちなみに、全部にオイルを塗ってからブラッシングすると、オイルだらけで大変なことになりますので、今回は前面、背面、袖と3回に分けて、オイルの塗り込み(③)とブラッシング(④)を実施していきました。

 

20140419-18

(左側がブラッシング前、右側がブラッシング後)

左半身(画面右側)だけドライヤーを当ててブラッシングした状態。均等にムラなくオイルが行き渡っているのがわかるかと思います。

 

20140419-19

(その⑤:暖かい場所に一晩吊るして馴染ませる)

すべてを終えたジャケットはズシリとかなりの重量が増し、オイルが十分浸み込んだことを実感できます。あとはこのまま一晩部屋干しして、最後にホコリを払い、ガーメントバッグに戻して来季の出番を待つだけです。(あ、裏地には除菌スプレーも忘れずに)

 

ちなみに、今回参考にした動画がこちら。

(Re-Waxing Your Barbour Jacket – Lark)

同じリプルーフなのにイチイチカッコイイですね(汗)。

 

暖かい日に実施したためかオイルも比較的固まり難く、作業しやすかったように思います。これが冬だと作業効率は格段に悪いでしょうし、これ以上暑いと作業自体が大変ですから、衣替えのこの時期にトライされてみるのもいいかもしれません。

購入した時のような重量感とオイルの浸透した生地感を自分の手で取り戻せるのは苦労を差し引いてもとても魅力的だと感じます。

さて、これをきっかけに、手付かずだった冬物の片づけを急ピッチで進めていこうと思っています。それではまた!

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • オボイスト

    gohkitiさん、こんばんは!
    バブアーのリプルーフ、楽しみに待っていました(^^ これぞ男の作業って感じで、やっぱり格好いいですね・・・!
    完成写真を拝見したところ、ムラもなくすごく綺麗に見えます。私こんなに上手く出来るだろうか。。。
    いずれにしてもどのみち必要になってくる作業ですので、gohkitiさんの記事を参考にして是非トライしてみようと思います!

  • オボイストさん、こんばんは!
    何とか無事に終わりホッとしています。
    はい、やはりブラッシングはした方がムラなくリプルーフできていいみたいです。

    オイルがあちこちに付くと焦っててんやわんやになりますが、範囲を決めて落ち着いて行われれば意外と難しくないかと(^^)。
    それより屋外でリプルーフされると思うので、日焼けには注意してくださいね。私はエプロンのひもの跡が首にクッキリ出てしまい大いに笑われました(^^;)。
    オボイストさんの健闘を祈ります!

  • 実 大久保

    gohkitiさん こんにちは

    リプルーフお疲れ様でした。
    手は間違いなくオイル塗れで大変だったと思います(^_^;)
    リプルーフの作業は確かに今時期が一番やりやすいかもしれませんね。

    ブラシを使用されて実施したんですね。
    スポンジはあくまでもオイルの塗布くらいににしかならないので、結果としてドライヤーとブラシでなじませていく形になったかと思います。
    また、ブラシを使用することで結果としてオイルはあまりたくさん使うことはなかったと思います。
    私の時で大体1/3-1/4くらいだったでしょうか。

    私も実施した際に同じくyoutubeの動画を参考にしましたが、あんなにかっこよさげにはできませんでした(笑)

  • 実 大久保さん、こんばんは!
    以前アドバイスをいただいていた情報が大変役に立ちました。
    案の定手はベトベトでしたが、何とか効率よく済ませることができました。
    本当にありがとうございました!

    何だか面白いようにオイルが入っていくので2/5くらい減ってしまいましたが・・・大久保さんと比べると少し使い過ぎたかもしれません(汗)
    今回トライしてみて何よりも必要なのはオイルで汚れてもいい広い作業台ですね(^^;)。
    購入当初の頃に戻ったようで妙に新鮮、袖を通したくなる気持ちを押さえてお楽しみは秋に持ち越しです。