【RUN】2020年4月は119km、コロナ禍に親子で楽しむラン

ランニング

外出できないストレスは、長期化するほどにボディブローのように効いてきます。今や唯一の解消法がランニングとなり、雨でもない限りは1日30分、ひと気のない田舎道をハルは自転車、自分はランニングで走っています。

ハルにはずっと可哀想な思いをさせています。新型コロナウイルスの影響で幼稚園は5月の連休明けまで休園。自宅にいてもアチャ(次男)...

でも、毎日のように同じコースを走るものだから、さすがにハルは少し飽きてきたみたい。「今日は行かない」なんて言う日もありますが、そんな日は自分も休むようにして、4月は1日を除き、ほぼ2人で一緒に走っていました。

4月は晴れの日が多く、気温も暖かいのでランニングをするには絶好の環境が整っています。しっかり汗もかくことができ、時々吹く風がは少し冷たく、それがとにかく心地良い。汗と共にイライラした気分も流れ落ちていくようです。

4月は過去最多の19走して、走行距離は119kmとなりました。月間100km超はこれで9カ月連続となります。

コンスタントに走ることができている一方で、アチャ(次男)のミルク当番(早番)で朝早く叩き起こされることもあり、慢性的な睡眠不足が続いています。

睡眠が足りず、身体もきちんと回復しないまま翌日ランニングに出てしまうこともあって、時々膝(ひざ)に違和感を覚えます。ストレッチと睡眠は極力優先していますが、少々身体に疲れが溜まってきているようです。

最近は子どもを寝かしつけたまま自分も寝落ちしていた、なんてことも増えてきましたからそれだけ身体が睡眠を欲しているのでしょう。眠気にはなるべく逆らわず、欲求に身を任せることにしています。

久しく痛みの出ていないひざですが、過去には何度となく苦しめられてきましたし、一度痛みが走ったら最後、しばらく走ることができなくなりますから、怪我を未然に回避するよう、散漫に走ることなく、身体と対話しながら集中して走っています。

気温が上がってくると身体は動きやすくなる一方、故障もしやすくなります。スピードが出る分身体への負担が大きかったり、暑さで消耗が激しく無理なフォームで走ってしまったり、と原因は様々。

ひざ関節が柔らかくなるので、連日のように走るとひざの皿がぐにゃぐにゃになるなんてこともあって、経験上そうなる前に休まないと決まって怪我をするんですよね。

気持ち良く走っていると楽しさのあまりつい怪我のことを忘れて頑張ってしまいがちですが、そろそろ暑さ対策にも取り組みつつ、メリハリをつけて走ろうと思います。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。