【RUN】ランニングシューズの勇退

ランニング

いずれは訪れる別れだとわかっていても、いざその時が来ると寂しいものです。ランニングシューズをまた2足、引退させることにしました。株も現在整理中ですが、こちらも断捨離の一環です。

見た目はきれいで、まだまだ履けそうに見えますが、新たに加わったランニングシューズと比べるとクッション性や反発力は明らかに落ちており、練習効率や成果も下がりますので、わかっていながら履き続ける理由は無いな、と。

ソールがへたってくると足も疲れやすくなり、疲労が大きいと一晩で解消し切れず溜まっていきますし、なにより推進力も落ちてくれれば走っていて楽しくないですしね。

・・・とはいえ、根っからの貧乏性なので、なかなか履き納める踏ん切りがつかず、どこかでケジメをつけないとダラダラと履き続けてしまうのが正直なところ。

どのくらいソールが減ったら交換すべきという明確な基準が無いため、あくまでも走ってみた感覚で判断するしかないのですが、反発力が落ちただけで、靴として履こうと思えば履けてしまうので、どうしても「モッタイナイ」が口を突いて出ます。

こうしてみてもソールだってあまり減っているように見えないのですが、フォアフットで走るので中指付け根部分がピンポイントで減ってしまっており、僕の場合この部分の反発力が落ちてしまうとランニングシューズとしてはもう寿命。

ランニングシューズにとっての第二の人生をスニーカーとして使うことを考えれば、以前も触れたように、ファッション性の高いランニングシューズを買うべきなんでしょう。今回改めてランニングシューズ選びについてそんな思いを強くしました。

近頃ランニングシューズを頻繁にチェックしています。毎日コンスタントに走ることができているおかげで、今は関心がランニングに向いて...

RISE REACT FLYKNITは処分し、LUNAREPIC FLYKNIT SHIELD GYAKUSOUは恐らくこれが自身最後のルナロンソールになると思うので、きれいして資料として大切に保管しておこうと思います。

ライズは丸1年、ルナエピックに至っては約2年、僕のランニングを足元から支えてくれました。特にルナエピックはたびたび大会に履いた思い出深い1足であり、怪我明けからおっかなびっくり再開した一番苦しい時期も共にしました。

今回で役目を終えますが、一緒に走ってきた分だけ、今の自分の足に成果として残っています。おかげでこうしてランニングが楽しめるまでになったのですから、今後は新しいシューズで怪我をすることなく、これからも走り続けていきたいものです。

お世話になりました。そしてお疲れ様でした。今まで本当にありがとう。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。