初夏、軽装にバッグを合わせて(携帯品紹介)

小物・アイテム

5月より恒例のクールビズが始まっています。装いは自ずとジャケパン中心となり、ジャケットすら身に纏わない日さえあります。ジャケット無しなら靴の選択肢もぐっと広がりますから、今年は会社で許される限り軽装に努める所存。

そんな中、カバンだけはいまだにビジネスバッグ・・・というのでは気が引けます。TUMI(トゥミ)のブリーフケースは機能的ですが重いですし、だいぶヘタッていることもあり、そろそろ雨専用にすべく春先から出番を減らしています。

代わりに多用しているのはこのAniary(アニアリ)のソフトレザートートバッグ。2011年に購入したモノですからもう9年も経つのですが、実はこれまであまり出番がなくて。

今日は靴を観ようと、銀座・丸の内へ散策に出掛けました。さて、まずはBEAMS辺りから・・・なんて言っていたら一件目から発見してしまい...

オフにはEver Khaki(エバーカーキ)のボディバッグか、日乃本帆布のトートバッグがあり、更に大きな容量が必要ならUnder Armour(アンダーアーマー)のガーディアンバックパックで事が足ります。

素材がレザーというだけで過度に気を使ってしまい、オフではなかなか出番がなかったのですが、いざクールビズとなった時、ようやくアニアリの使い道を見い出せた気がして、最近では積極的に使っています。

汗による色落ち、洋服への色移りだけは注意が必要ですが、容量や機能性は十分。柔らかくクタッとしたニューソフトレザーは触れた時に心地良いですし、これからの時期にも色の暑苦しさはなく季節に合っていますね。

ちなみに、最近の私の携帯品はこんな感じ。

初代iPhone SEに、SusiesVelt(スージーズヴェルト)のロングウォレットとカテナチオキーケース、CFPに合格した際親友からプレゼントされたオロビアンコのペンケースと、長年使い続けている高橋書店のニューダイアリー。

ご覧の通り、携帯品はほとんど黒に統一しました。他に何点か増えることもありますが、基本的にこの5点だけは欠かさず持ち歩きますし、これだけあればいつでもどこでも大抵は何とかなります。

今年のクールビズは、上着はポロシャツかボタンダウンシャツ、パンツはブラックデニムかチノーズで、足元はスニーカーを合わせるくらい軽装でまとめたい。

そのためにもアニアリのトートバッグは、単なるバッグとしてだけでなく、カジュアルとビジネスの間を上手く橋渡ししてくれるキーアイテムのようにも感じています。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。