Bespoke

【MTO】初めてのビスポーク、山神シャツを作る

ファッション

山神氏は素人同然の自分に対して、自らが手掛けるシャツの特徴や作る際の生地の下処理のこと、また生地選びから派生して、綿繊維の構造と生地の経時変化に至るまで、丁寧にわかりやすく説明してくれました。自分に知識が無いため、判断へと導く情報や的確なアドバイスなどをいただき、「あぁこれがビスポークなんだ」と感慨深かったです。

続きを読む

【MTO】初めてのビスポーク、待望の山神シャツが完成!

ファッション

4月に入りストラスブルゴから「山神シャツが完成した」とのご連絡をいただきました。ずっと楽しみにしていただけにドキドキしながら南青山店のHouse Tailor’s Lab.(ハウステーラーズ・ラボ)にお邪魔してきました。ビスポークシャツならではの快適性と着る人を引き立たせるシルエットを兼ね揃えた唯一無二の存在。

続きを読む

Bolero(ボレロ)で靴をつくる(1)序章

オボイストさんに、「関東にもたくさんの職人さんがいるのに、なぜ名古屋で、ボレロで靴を作るのか」と聞かれ、その時は上手く答えられなかったのですが、今こうして思い返してみれば、「『ビスポークしたい』という衝動のきっかけがボレロだったから」というのが答えなのかもしれません。

続きを読む

Bolero(ボレロ)で靴をつくる(2)採寸編

名古屋出張にかこつけて、Borelo(ボレロ)の渡邊さんの工房をお邪魔し、初めてビスポーク靴をオーダーすることに。オボイストさんに案内されて工房にお邪魔をすると、渡邊さんが出迎えてくださり、目の前にはホームページやブログで拝見していた美しいサンプルシューズがズラリ。実物を目の当たりにし、静かな興奮を覚えました。

続きを読む

Bolero(ボレロ)で靴をつくる(3)仮縫い編

Bolero(ボレロ)の渡邊さんから「仮縫いの準備ができました」との連絡いただき、3月以来8ヶ月ぶりに工房にお邪魔してきました。「うちの仮縫いは粗いので、詳細に撮られると恥ずかしい」とおっしゃっていましたが、僕にとってはビスポーク初体験で初めてとなる記念すべき仮縫いの靴。自分だけの靴と思うと、なお一層のこと嬉しいなぁ。

続きを読む

Bolero(ボレロ)で靴をつくる(4)再仮縫い編

現在オーダー中のBolero(ボレロ)のビスポークシューズ。8カ月ぶりにアトリエにお邪魔をして、2度目の仮縫いに臨みました。前回とどれほど変わっているだろうか、と期待と不安の中靴に足を入れると、モノが本来あるべきところに正しく収まるように、 靴が足をぴったりと包み込み、得も言われぬ高揚感が込み上げ、感動を覚えました。

続きを読む

Bolero(ボレロ)で靴をつくる(5)完成編【完結】

2018年2月28日、初めてBolero(ボレロ)のアトリエにお邪魔をしてから2度目の冬を迎えた12月某日。全てのきっかけをくれたオボイストさんの手によって完成した靴がとうとう私の手元に届けられました。端正で美しい靴がそこにはありました。自分の想像の遥か上を行く美しさ。感動で身震いがしました。

続きを読む

1