クウォーターブローグ靴といえば・・・

>靴の中で好きなスタイルと聞かれると、ちょっと悩みますが、多分こうなります。

1位 クウォーターブローグ

2位 ストレートチップ

3位 セミブローグ

クウォーターブローグ、つまりパンチドキャップトゥのことですが、

1.トゥに穴飾りがないのできれいに光る

2.ストレートチップよりも装飾が多く、個性豊かで面白い

という点で第1位に輝きました。

 

その第1位に輝くスタイルで保有しているのが、ジョンロブのフィリップ2。

他にオールデンの#7とエドワードグリーンのアンドリューがありますが、

同じモデルで色違いを揃えているのはこのフィリップ2だけです。

(ちなみにジョンロブで持っているのはこの2足のみです。)

他のスタイルでは基本的にエドワードグリーンに軍配が上がるのですが、

フィリップ2だけは例外です。

エドワードグリーンのパンチドキャップトゥにも、

#202のバークレーと#808のチャーチルがあるのですが、

フィリップ2はそれを凌駕する完成度、と思っています。

ミュージアムカーフといい、#7000の木型といい、ちょっと高いヒールといい、

計算され尽くしたパーフォレーション(穴飾り)といい、平紐といい、

・・・どこをとっても惚れ惚れします。

恐らく、また違うカラーを見たら、また同様に欲しくなるに違いません。

ネックは値段がバカ高いこと。

もう、このブランドはこの一言に尽きますね。

 

さて、このフィリップ2の生みの親、フィリップ・アティエンザ氏が

マサロ(MASSARO)のディレクターになって送り出した靴が

ストラスブルゴにあって、これがまたいいんです!(記事はこちら

GINZAって名前もいいじゃないですか(笑)

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。