BarbourではなくBarberについて

通勤電車の車内で普段なら新聞を読むところなのですが、

ここ最近はずっとコレを読んでいました。

「“ナウ”のトリセツ」(世界文化社)

 

“ナウ”のトリセツ―長い?短い?“イマどき”の賞味期限 (ビッグマンスペシャル)

中古価格
¥5,100から
(2013/4/6 17:46時点)


おなじみ雑誌Beginの人気コーナーを一冊に集約したモノ。

 

アータ、そりゃあ面白いのなんの。

コンサバカ二人が体当たりで今の流行を体験するって内容なんだけど

電車内で思わず吹き出しそうになったり、同じくらい苦笑したり。

きっと周りには変な目で見られてたね、フントニモ~。

 

特に気になったのは銀座ダンヒルのバーバー体験記(床屋じゃなくてバーバーね)。

銀座の中でもひときわ近寄りがたいオーラを発するビルだけに

興味深く読んでいました。

シガーもパブも敷居が高いけど、バーバーならイケるかも?(失礼)

“ナウ”のトリセツ

最近思うんですが、今美容室に通っている若い人も、年を重ねてしばらくすると

また床屋に戻るでしょ。

いずれ戻るなら自分は1000円カットではなく、ダンヒルのバーバーみたいなところに

戻りたいなぁと思うわけです。

なんだかんだ言って、実は嫁さんの実家が先代から続く床屋でして

時々義父にカットしてもらっているので、半分は床屋に回帰したみたいなものですが。

しかし一度は体験してみたい英国式バーバーなのでした。

 

ちなみに、三越銀座の7階(靴売り場がある階)にひっそりと床屋があるのを

先日初めて知ったのですが(遅)、こちらもかなり気になります。

 

・・・きっとどちらも高いんでしょうけど。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • TARO

    茅場町に住んでいた頃、飛び込みでお願いしたことがあります。知り合いがそこに通っていたので、「そんなに良いなら、是非一度」と好奇心に駆られて。

    元帝国ホテル(だったかな!?)の床屋さんで働いていらっしゃった方がいらっしゃいますよ。銀座の昔の町並みについて色々と教えていただきました。カットの腕前はもちろん◎です。料金はコースで7,000円弱だったと思います。ヘッドスパやヒゲのトリミングなど、本格的なコースがあったと記憶しております。是非一度お試しください~。

  • gohkiti

    TAROさん、おはようございます~^-^

    貴重な体験談をありがとうございます!
    なるほど、やはりと言いますか、腕は当然ながら確かなようですね☆
    いつもダンヒルの前は通るのですが、勇気がなくて未だに入っていません(苦笑)。
    しかし、またそろそろ髪を切りに行かなければ、と思った矢先のTAROさんの情報提供、
    今度こそ行ってみよう、と思ったところです。
    http://www.ccdm.jp/card/amex/alfred-dunhill-barber-ginza/
    こちらにも情報があって、読んでいたのですが、かなりリラックスできそうですね。
    できることでしたら午後半休をとって贅沢を満喫したいなぁと思っています。

  • TARO

    gohkitiさん

    ダンヒルは確かに入りにくいですね。
    あそこのトロッタージャケットに興味があるのですが、僕もなかなか入れません(笑)

    是非、英国サロンの雰囲気を楽しんできてください!
    twitterもしくはblogでのレポ楽しみにしております。