レザーソールに天然の潤いを

天然素材100%のレザーソール用オイル

靴磨きの道具について連投です。どうもモノを減らした反動からか、残されたモノに対する愛着心が再燃しており、無性に手入れをしたい衝動に駆られております(同時に新たな物欲も沸々と・・・)。しばらくお付き合いください。

さて、週末恒例の靴磨き。時々銘柄を変えたりはしますが、基本的にはM.モゥブレィの乳化性クリームだけでアッパーからソールまでをトータルケアしています。なるべくオールソールまでの期間を長く保ちたくて、乳化性クリームでソールのケアもしていますが、最近クリームだけでは多少の物足りなさを感じ、少し悩んだ末、今回こちらのオイルを購入しました。

20130818-01

  • Tapir(タピール)/Leder Sohlen Pelege(レザーソールオイル)
  • 100ml

レトロな褐色の瓶にバクが一頭。この愛らしい小瓶の中にはレザーソール用のオイルが入っています。ソール用クリームやオイルは商品数が少なく、効果についても費用対効果を十分感じられるモノは、これまでお目に掛かったことがありませんでしたので、非常に懐疑的ではありましたが、今回は天然素材100%オイルに惹かれて購入してみました。

さて、内容は【カルナバロウ、ミツロウ、ヒマワリ油脂肪酸、バルサムテレピン油、オレンジテレピン油、アンモニア、水、鉱物系顔料、ひまし油、なたね油、バルサムテレピンオイル、オレンジオイル、酢】とまさに天然素材のみで作られたこのオイル。原料だけでなく製造工程も自然環境に配慮した製法で製品作りが行われています。蓋を開けると強い酢の香りとほのかなオレンジオイルの香りが漂います。

20130818-03

布に少量取り、手際良くソール全体にさっと撫でるように塗り込みました(右がオイルを塗り込んだ状態)。オイルなのでさすがに浸み込みは早いのですが、果たしてどこまで奥に浸透しているのか・・・。すぐにレザーに吸い込まれるので「まだ足りないかな」と思いつつも、付け過ぎ注意、とのことなので塗り込みも程々にして、あとは数時間待つだけ。その後、削れたコバの補色も兼ねて、上からいつものクリームでソール全体に塗り込み完成。

履き心地に大きな変化はありませんが、一日履いた後のソールはレザーの毛羽立ちが幾許か抑えられ、しっとりと残る油分も感じることができました。予想外にその効果は大きいのかもしれません。

20130818-02

費用対効果を正面から検証すれば、果たしてそこまで手間とコストのかかるケアが必要か、と疑問がないわけでもありませんが、素材や製法、その「ひと手間」掛かったオイルを使い、「ひと手間」掛けたケアをすることの満足感とモノに対する愛着心への貢献は代えがたいものがあります。

決して安いケア用品ではないですし、毎週乳化性クリームでケアしていればそう頻繁には必要ない類いのケアですが、時には道具を変え、違った目線でモノと向き合うのもいいかもしれません。定期的なメンテナンスの中で気づくことや思い起こされる想いもあるはずですから。

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • 実 大久保

    こんにちは

    おお!タピールのソールオイルですね。
    びんぼーな私にはなかなか手の届かない逸品です(笑)
    私はモウブレイのソールクリームで我慢してます(^_^;)

    私も本日1足ほど月の定期メンテナンス(オイルドアップ)を終えました。
    Crockett&Jones Islayのオイルドスエード版で、2010A/W-2011A/Wくらいにイギリス等で販売していた日本では非売品のモデルですね。
    個人輸入で購入してかれこれ3年以上履いているやつで、普段からミンクオイルで仕上げているのでこいつに軽く防水スプレーを吹きかけてやれば大雨でも気にせず履ける非常に頼りになる1足です。
    ソールもリッジウェイソールなので一般的に販売されているソールでは最も滑りにくいので、濡れた駅のホームのタイルもへっちゃらです。

    購入当初はもっとベージュっぽい色だったんですが、経年変化して黒ずんできてようやくワークブーツらしくなってきました(^^)

    僕の所持しているブーツは男気溢れる奴ばかりですが、その中でもかなりタフな一足かと(笑)

  • 実 大久保さん、こんばんは!

    これは!何とも男気溢れるブーツじゃないですか!
    オイルドスエードは所有したことはないですが、風格抜群ですね!
    リッジウェイ&オイルドスエード、シーンを問わず履ける最高の靴、
    もしかしてこちらもお仕事でも活躍されているのでしょうか??
    ともあれC&Jの豊富な展開の中でも特別なモデル、カッコイイです(^^)。
    メンテをされ続けて初めて得られる貫録のようなものを感じます。
    こうして成長を感じられるとさらに愛着もわきますよね!
    またぜひコレクションをご紹介ください☆

    定期的な集中メンテナンスって結構気づくことが多くて。
    つま先に溜まったホコリを取ったり、靴ひもを全部解いて磨いたり・・・。
    タピールはちょっと贅沢ですが、時々ご褒美的に使っていこうと思ってます。