スーツの復権、ブーツの帰還

ドレスブーツの準備

少しずつ衣替えを進めている今日この頃。そろそろスーツを、と久しぶりにクローゼットから引っ張り出し、来るべき時に備えてコツコツ準備を進めています。

引っ張り出すのは新鮮で楽しい作業なのですが、逆に夏物を仕舞うのにはかなり時間が掛かっており絶賛渋滞中。

夏に着用した衣類をクリーニングに出すべきかブラッシングで済ませるか、汗黄染みが出ないよう念洗いをすべきかなど、来年また着る時のことを考えて一着ずつ順に確認しており、毎度のことながらえらく骨の折れる作業です。

 

20140923-02

(バークレーのKMスーツは2パンツ)

さて、現在手持ちのスーツですが、パンツの仕上げの違いで大きく2タイプに分かれています。

1つは膝下ストレートのハーフクッション、もう1つは裾にかけてテーパードを効かせたノークッション。後者のスーツはドレスブーツ専用として着用しています。

 

20140923-04

(チェルシーブーツとジョッパーブーツ)

ドレスブーツというのは、J.M.Weston 705(チェルシーブーツ)John Lobb JODHPUR(ジョッパーブーツ)のこと。手持ちのドレスブーツはたったこの2足。

時々オールデンのタンカーブーツやサンダースのマッドガードを合わせたりすることもありますが、そのためにパンツを用意するのは贅沢と言えば贅沢。

ですが、ブーツを履くことでスポーティーで軽快な印象になり、何より好きなブーツをビジネスの場で履ける利点もあり、特に気に入ったスタイルなのでどうしても用意したくなるんですよね。

 

20140923-06

(磨けば応えてくれる上質なカーフ)

前回のワークブーツに引き続きドレスブーツもクリームを入れて念入りに準備。

クリーム選びは完全にその時の気分ですが、この日は現在すでに廃盤となったコロニルのディアマントを塗り込んだ後、Saphir Noir Creme 1925のニュートラルで磨きました。

先日シロさんに、クレム1925を塗り込む際に水を含ませるといいと伺ったので試したところ、塗り込むうちからワックスを塗ったような光沢が出て、磨きあがりも一層艶が出ました。ありがとうございます!

(過去の記事)

20130818-05

ニュートラルクリームで磨く(2013年8月20日)

 

20140923-03

 (衣替えそっちのけで靴磨きに没頭)

ブーツはもう何足あっても欲求は尽きないのですが、どうしても履けるシーズンが限られてしまうこともあり、自制心が働いて手が出ません。収納もいっぱいですしね、我慢我慢・・・。

今週久しぶりに手入れをし、身に着けたスーツとブーツ。身体をしっかりホールドするせいか気も引き締まる思いがしてとても新鮮でした。

夏休みボケが未だに抜けない頭を何とか正常に戻そうと四苦八苦していましたが、身だしなみを整えることが気持ちを切り替えるのに一番手っ取り早いかもしれません。

まだクールビズは続いていますが、一足先にスーツにネクタイを締めての通勤。これからの季節、日々変化する季節を楽しみながら、充実した毎日を過ごしていきたいものです。

それではまた!

【関連する記事のご紹介】

« »

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
deco.blog.with2.net ブログランキング・にほんブログ村へ

【コメントの投稿の仕方について】

  当サイトでは「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っております。
  ツイッターやフェイスブックなどでアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールのままコメントすることができます。
  各種アカウントのない方もEmailアドレスさえ入力すればコメントが可能です。
  (入力したEmailアドレスはコメント投稿には表示されませんのでご安心ください。)
  また、コメント欄には画像を張ることも可能です。
  何度も「Reload」が表示される場合は、キャッシュを削除すると表示されることがあります。
  コメントが反映されるまで多少お時間が掛かることがございます。ご了承ください。


  • オボイスト

    gohkitiさん、こんにちは!

    近頃本格的に秋めいてきまして、装いもいよいよ秋モードに完全移行しました。これから楽しい季節ですね!

    gohkitiさんもジョッパーを…皆さんが素晴らしいドレスブーツの写真をあげられるものだからつい気になってしまいますf^_^;)
    セットアップスタイルにも馴染むブーツが欲しくて、私も色々と情報収集の最中です。

    こうして見ると黒も濃茶も良いですね、、、迷うなあ!

  • kazamashunsuke

    gohkitiさん、こんにちは。

    どちらも素敵なブーツで非常に目の毒ですね(笑)。
    特に、ジョンロブの方は新品時より風格のようなものが出てきている気がします。

    欲しくなってきましたが、ジョッパーブーツって今は廃番なんでしたっけ?
    最近の値上げで遠い世界の値段になってそうな気がしますね。。

    この投稿を見て、私もこの冬はスーツにブーツの着こなしをしてみようかと思いました。

  • オボイストさん、こんばんは!
    大英断をされたご様子で羨ましくブログを拝見させていただきました!
    ジョドファー(ジョッパー)、佇まいの精悍さだけでなく、スーツにもカジュアルにも合う万能ブーツで
    いつでもどこでも履いていたくなります。
    私のジョドファーは割と細いベルトで一本をぐるっと回すタイプなので、見た目は良いのですが
    手入れをする際はちょっと邪魔ですし、いつか切れてしまいやしないかと一抹の不安があります。
    それにしてもダブルバックルにチゼルトゥはカッコ良過ぎますね!
    若くしてビスポークの体験をされるオボイストさんが本当に羨ましいです。
    カラー悩まれているご様子。あのライトブラウンのカラーを見ると思わずため息が出ますよね。
    実用性も含めて渡邊氏とぜひともBe Spokeされて素晴らしいジョドファーを手にされてくださいね!

  • kazamaさん、こんばんは!
    ありがとうございます!はい、ミスティカーフから少しずつミュージアムカーフのように、
    また履きジワも入ってようやく馴染んできたといった感じです(^^)。
    ジョドファー、私がハワイのレザーソールでオーダーする前にはすでに廃盤と聞いていたのですが、
    レザーソールには普通にありましたし、バイリクエストでもオーダーできました。
    2年が経過しており、今はどうなのでしょう。バイリクではまだオーダーできるのでしょうかね?
    どちらにせよ、私にとってはかなり遠い世界のメーカーとなってしまいました(T_T)。
    革靴全般、最近の歯止めの効かない値上げの波にはとてもついていけず、もはや諦め気味です。。。
    あ、スーツにブーツ、すごく気に入っており、kazamaさんもぜひお試しになってみてくださいませ!

  • シロ

    gohkitiさん、こんにちは!
    ドレス寄りのブーツにスーツ、いいですね~!秋冬ならではの楽しみですね。
    サフィールノワールと水を使った靴磨き、気に入って頂けたようで何よりです!
    (靴磨き屋さんからの受け売りですが…)
    乾いた布で塗布するよりも油分がより効率的に革に移るので、全体的に
    しっとりとした仕上がりになったのでは、と思います。ましてや既製靴最高峰
    の革質とも言えるJohn LobbとWestonですから、楽しい時間になったでしょう!
    脛から甲にかけてのライン、自然な艶感がたまりませんー!!

  • シロさん、こんばんは!このたびはありがとうございました!
    教えていただいた通り早速やってみましたが、やはり革によって効果が違いますね。
    全く効果が出ないものもあれば、今回のジョンロブとウエストンのように顕著に効果を
    実感できるものもあり、レザーの質を改めて実感することができました。
    秋冬は本当に楽しみが目白押しですね!
    スーツを引っ張り出せば、シャツにタイに、とあれこれ気になり始めていけません(^^;)
    ブーツに関して言えば今のところ満足しており、これ以上の心配は今のところないのですが、
    誘惑が多くて困ります。
    シロさんのスーツの登場ももう間もなくでしょうか!?今か今かと待ちわびております。
    シロさんとPaul Stuartの影響からか、スーツ、シャツ、タイやチーフといった胸元回りが
    気になり出して仕方がありません。。。

  • ウイルキンソン

    こんにちは!
    初めまして!!
    705をジャストで購入されていた様ですが、その後のサイズ感は如何でしょうか。
    ジャストで履けておられますか。宜しければお教え下さい。

  • ウイルキンソンさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
    はい、フィッティングは相変わらずジャストサイズで変わりはありません。
    レースアップシューズなくエラスティックなので、少なからず緩さが出てくるかと思いましたが、
    くるぶし寄り下のホールド感はそのままで履き心地は変わりないですね。
    この分で行けばきっとエラスティックが伸びてきてもフィッティングには影響なさそうです。
    余談ですが、705を履いた時のインソールが固い感じもそのままです。
    これはクラシックシリーズの特徴でしょうか?こちらは馴染んでほしいのですが・・・。
    ウイルキンソンさんは購入をご検討中なのでしょうか?参考になれば幸いです(^^)。

  • ウイルキンソン

    返信が未送信でした、すみません。(汗)
    大変参考になりました!ありがとうございます!!
    話が変わりますが、私は計測器で5丁度で、180で4/Cゴルフで5C(フィッティングスタートは180は4D、ゴルフは4/D)を履いているのですが、gohkitiさんはゴルフの4/Cを履かれているのですね。
    正直、踵や小指辺りの痛みによく耐える事が出来たなと思っております。私は、フィッティングの時点で無理でしたので。。。一般的に緩くなる事を考慮し、結構なタイトが推奨されていますが、ゴルフはそこ迄伸びない気がしております。

    • ウイルキンソンさん、いえいえその程度の情報で恐縮ですがお役に立てれば幸いです。

      私の場合、左右の足の大きさが結構違うので、どちらかに合わせざるを得ず、
      ゴルフではかかとのフィッティングが甘いため、やむなく小さい方寄りに合わせたのですが、
      それがすべての始まり・・・。ゴルフは私にとっても正直終わりなき苦行のようです(笑)。

      特に小指辺りの痛みがヒドイですね。足が変形するのでは、という心配すらしましたから。
      ちょっと浮腫めばすぐに痛くなリますので、ちょっと座っていても浮腫むため気を使います。

      たしかにゴルフは、伸びる、馴染むと言う感覚はあまり感じませんよね。
      私のゴルフはオーダーでしたので、手放すわけにはいかないという一心で、
      「明けない夜はない」という思いで履き続けました。
      今では辛うじて足も変形することなく普通に歩けるようにはなりましたが、それも靴欲と
      なんとか履き馴らしてやろうという闘争心に近い意気込みがあったからですね(苦笑)。
      恐らく今ならさっさと白旗を揚げていたと思います。

      正直ハーフサイズもしくはウィズを上げておけばどんなに快適だったと
      今でも思わないでもないのですが、ここまで来てしまえばずっと付き合っていくのみです。
      じゃじゃ馬ゴルフの親としては気苦労は堪えませんが、その分可愛さもあり、
      お互い履き馴らしに苦労しますが頑張りましょう(^^)

      • ウイルキンソン

        私はハーフ上げのウィズ下げだったので、然程苦労はありませんでした。(伝わり辛い文で申し訳有りません。)しかし、私が最後迄迷っていたサイズなので、その後のエージングレポをお願いしたいです。(勿論、他モデルもお願いします!!)gohkitiさんのレポで数多の迷い人が救われる筈です!

        • はい!検索件数も多いようですので定期的に報告させていただければと。
          ウイルキンソンさんのコメント、ブログを続ける大きな励みになりました。
          ありがとうございます!